テア・シュテーゲンのバックアップ候補に『ACミランの若手GK』
スポンサーリンク

ドンナルンマ獲得のチャンス


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

“Donnarumma es una oportunidad de mercado”


経済難で高額な年俸は払うことができないが、このイタリア人GKの獲得チャンスはとてつもなく大きい

ユベントスとPSGも関心を示している、バルサは強力な第2GK獲得でテア・シュテーゲンにプレッシャーを与えること企ている

フリーになるミランのGK、ジャンルイジ・ドンナルンマ(22歳)は、代理人のミーノ・ライオラによってバルサに紹介された。それまでは全部普通のことであり、なぜなら代理人は常に選手らを動かす仕事をするからだ。同GKの場合、より注目度が高く、価格も魅力的だ。大きなサプライズだ。スペイン紙「AS」は選手側がバルサに売り込んだと報道したが、アスルグラナのクラブも除外していないようだ。なぜなら即戦力級のGK加入の可能性について、「彼は移籍市場でのチャンスであり、こういったチャンスは常に真剣に判断しなければならない。」とムンド・デポルティーボ紙のスポーツ部門は言っている。

スポーツ部門は高評価をしているものの、ベンチ生活3年目を望まず、移籍を望むネトが退団すれば、GKのポジションに空きが生じてしまう。同GKはバルサに長くても2年いるつもりで来て、テア・シュテーゲンのバックアッパーとなり、時は過ぎた。よって、もしネトが退団を望めば、空きができてしまう。

実力のある第2GK

経済面でまだ余裕のある時期ではない。実際、そこのポジションを補強するためにカンテラーノであるイニャキ・ペーニャに信頼を寄せていたが、時間が過ぎると、バジャドリードと共に降格したジョルディ・マシップの補強チャンスも出てきた。しかし、ドンナルンマの名が現在のバルサを夢中にさせ、補強を本気で検討している。クラブのスポーツ部門によると、その若さと実力はもちろん、最近契約更新をしたテア・シュテーゲン(29歳)は3年間膝の問題を抱えており、クラブは実力のある第2GKの補強を重要視している。

あとはやはり、経済面でドンナルンマ獲得に競争に勝つことができるのかと、同イタリア人が第2GKという役割を認めるかどうかだ。先週末、ライオラは同選手の今後の意向について知るため、話し合いをする予定だった。同選手にはバルサ意外にも、ユベントスとPSGが注目している。ただユーベはライオラに巨額の手数料を払うのを望んでいないため、ためらっているようだ。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事