スペインで『すぐに適応』するためにして置くべきコトについて
スポンサーリンク

留学前にもっと準備しておけばよかったこととは?

皆さん、こんにちは。

今回は僕がスペインに来て、サッカー面で『もっと準備しておけばよかったと感じたこと』についてです。

まず、圧倒的に必要だと感じたのは、もちろん語学力です。

僕の場合、プレー中のコミュニケーションを取るのに相当苦労しました。自分の伝えたいことを伝えられない監督が求めていることが100%理解できない。また、僕はCBなので、味方に指示を出し、動かしてプレーしなければいけません。サッカーは常に目まぐるしく局面が変化していくので、どうやって伝えるか考えている時間もなく、そこに慣れるまでに時間がかかりました。

プレシーズンが始まり、渡西前にしっかりとトレーニングを積んでいたので、練習でもアピールができ、監督からも技術面では良い評価をしてもらいました。ですが、技術面だけではなく、もっと言葉を理解し、スペインの文化やサッカーに慣れる必要がある。と言われました。

スペインでは上手い選手でも、監督が求めるプレーができない選手はあまり評価されてない印象があります。日本から来て間もない選手がチームに馴染み、受け入れてもらうには言語能力が必要不可欠です。海外に挑戦しようと思っている選手は絶対にやっておくべきだと思います。

特に高校、大学を卒業して、留学を考えている選手は、事前にある程度の語学を習得しておくと、スムーズに適応できると思います。

そして、フィジカル面ももっと準備が必要だと感じました。はっきり言って、スペイン4部・5部でもフィジカルの強さは相当です。一見細そうに見えるスペイン人選手でも、当たるとかなり強いなんてことはよくあり、ただ強いだけでなく当たり方もうまいので小さな選手が大柄の選手を吹き飛ばすこともよくあります。

皆さんが、想像するスペインサッカーはDFラインからボールを繋ぎ、ゴールを目指すサッカーだと思う人も多いかもしれませんが、実際は、ロングボールを使い、シンプルにゴールを目指すダイレクトなスタイルのチームも多いです。

自分の技術に自信があったとしても、色んなチームのスタイルに適応できるようにフィジカルの強化はしておいた方が良いと思います。

僕もスペインに来る前に、フィジカル面の強化や色々な観点からのトレーニングをしていて、今も日本でお世話になっているトレーナーの方にメニューを組んでもらい、ジムでトレーニングを続けています。ただ大きくするだけで走れなくなってはダメだし、筋肉的な面だけでなく、目や脳などを鍛える様々なトレーニングがあります。(今後その内容についても書いていければと思います)

他にもやっておいたほうが良いことはたくさんありますが、僕がスペインに来て最初に感じたのは、この2つでした。

日本を飛び出してサッカーをすることは簡単なことではないですし、お金もそれなりに必要だと思います。それでも覚悟を持って挑戦することで、多くを得ることができ、これからの人生において大きな財産になると思います。

今回は僕がスペインに来た後に感じた、『もっと準備しておけばよかったと感じたこと』について書かせて頂きました。

考えれば、他にも準備するべきことはたくさんあると思うので、海外挑戦をするのであれば、早い段階から行動し、準備することをお勧めします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事