ジョルディ・アルバが『自身と仲間』の今後について言及
スポンサーリンク

ジョルディ・アルバ

「一生バルサに居たい。」


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Jordi Alba: “Quiero quedarme en el Barça de por vida”


バルセロナのSBであり、スペイン代表の副キャプテンがバルサと契約を残していることを強調、そしてメッシとクーマンの残留にも期待

ジョルディ・アルバははっきりと言った。スペインテレビ局「TVE」で自身の今後について同SBは言及した。

「契約を3年残しているし、それを行使したいと思っている。クラブ側の決断は別のところでされるが、僕はバルセロナに一生残る意向だ。」

メッシとクーマンについても言及した。アルゼンチン人名手については願いを表した。

「レオが僕らと共に残ってくれることを期待している。彼に対して疑いを持つべきではない。」

と、言い、レオから言葉があるだろうと強調した。

「彼の決断を待とう。」

そして、クーマンの今後についても、

「一刻も早く彼の今後が解決されることを願う。監督はまだバルセロナとの契約を残しており、シーズンを通して素晴らしい働きをした。ここからは会長の決断になる。どうなろうと受け入れるよ。」

そしてスペイン代表に合流中の現在、ラモスが招集外のため、ルイス・エンリケのチームで2番目のベテランであり、セルヒオ・ブスケッツに次ぐ副キャプテンだ。

「年齢的に僕にとって最後のユーロになると思う。」

論争が起こったセルヒオ・ラモスの招集外について、寂しさを示した。

「監督が選手を決める。そしてベストな状態の選手を決めなければいけない。ラモスが怪我の影響で満足のいくシーズンを過ごせなかったのは事実だ。だけど、彼は僕らみんなにとって、とても重要な選手だ。」

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事