進まないピアニッチ放出オペレーション
スポンサーリンク

ピアニッチの移籍実現へ再度コンタクト

MD記事翻訳

Nuevo contacto para la salida de Pjanic

バルサはボスニア人MF放出に引き続き動いており、イタリアでは話を進めるために同選手の代理人との接触があったと報道

FCバルセロナは引き続き、トップチームのサラリー負担を軽減するために働いており、現状、最もカンプノウを去る可能性が高い選手がミラレム・ピアニッチだ。ブスニア人選手はドイツ遠征に帯同中で、アスルグラナのクラブは放出を急かすために彼の代理人である、ファリ・ラマダニと交渉中だ。イタリアでは今日、クレの重役らと同代理人が接触したと報じた。

昨日、MD紙が報じたように、ラマダニは今日か明日にユベントスのスポーツダイレクターのフェデリコ・チェルビニと会い、ピアニッチのイタリア復帰について話す予定だ。

しかしながら、ユベントスマヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)の獲得を優先的に目指しており、ピアニッチ復帰の確定はまだ時間がかかるかもしれない。

バルサは不況で選手の放出が必須であるため、ピアニッチにフリーでの移籍を許可した。そして移籍金がフリーだと、彼も給料交渉がしやすくなる。しかし、2024年までの契約にサインをした同MFはその契約の給料を失うことを拒んでいる。

 

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事