代弁者の役割もしているクーマン:「我々には会長が必要だ。」
スポンサーリンク

クーマン:「バルサのようなクラブが会長不在の状態ではいけない。」

~同監督は「クラブの代弁者になるのは構わない。だが、私は監督だ。クラブにとって監督という人間は非常に重要な人間だ。」と主張した~

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

Koeman: “Un club como el Barça no puede estar sin presidente”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬の移籍市場が閉幕し、バルサはロナルド・クーマンが求めた選手達を契約せずに終わった。同監督はそれを冷静に受けとり、文句を言わなかった。なぜならどこから問題が来ているか分かるからだ。けれど、クラブには会長を招聘し、いち早く力を取り戻すことを要請はした。「バルサのようなクラブが会長不在で将来を計画できずにいるのは、あり得ない。」と主張した。

このオランダ人監督は「多くの問題があり、今の時期はバルサにとって困難な時期であることは知っている。」と説明した。そして現在、実際、彼はクラブの代弁者となっている。そのことについては「代弁者になるのは構わない。だが、私は監督だ、監督は重要な存在だ。なぜならスポーツ面での物事がうまく機能すれば全てが上手くいくからだ。」

そしてまたはっきりと、「我々には新会長が必要だバルセロナのようなクラブに会長が不在で将来設計を出来ないのはあり得ない。」と強調した。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事