デ・ヨングがバルサでの現状とメッシの未来について語った。
スポンサーリンク

フレンキー・デ・ヨング:「外部で起こっていることに僕らは影響されない。ロッカールームは守られている。」

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~スペインテレビ局TV3のインタビューにデ・ヨングが応じ、バルサの現状やメッシの未来、自身が良い時期を過ごしているのかについて語った~

スペインテレビ局TV3のインタビューにフレンキー・デ・ヨング(23歳)が応じ、バルサの現状やメッシの未来、自身が良い時期を過ごしているのかについて語った。ムンド・デポルティーボとコラボ取材としてルイス・カヌ氏が取材をした。そこでデ・ヨングは、「外部で起こっていることに僕らは影響されない。ロッカールームは守られている。」と主張した。

個人的な側面では「バルサに入団して以降、最も良い時期を過ごしていると言えるかどうかはわからない。確かに最近ゴールを決めている。人々はゴールを決めるのを見れば、全てが上手くいっているように見える。だが今、僕はこの状態を維持し、長く継続しないといけない。良い状態だと感じるし、心地良い。だけど、もっと実力を示して、チームをもっと助けないといけない。僕にはまだ向上の余地がある。

  • チームメイトであるレオ・メッシの将来についてどう思うかもコメントした:

「僕はメッシが来季も僕らと一緒にプレーすることを望んでいる。だけど、この問題は僕が口出しできることではない。彼の将来は彼が決めることだ。彼の存在は僕がバルサに入団したいと思った要因の1つだった。1番の要因ではないけど、僕の決断に影響を与えた要因だ。もう15年間も世界一の選手になり続けている。僕が12歳の頃からだ。だから彼の隣でプレーできるとことはファンタスティックなことだ。」

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事