ジョルディ・アルバとラングレが試合後のインタビューで逆転勝利の喜びを語った。
スポンサーリンク

ジョルディ・アルバ:「今シーズン戦い切るための喜びと自信を与えてくれた。」

~バルサのSBはコパ・デル・レイ決勝進出して喜ぶ皆の輪に加わった~

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

Jordi Alba: “Nos da mucha alegría y confianza para la temporada”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バルサの左SB、ジョルディ・アルバとクレマン・ラングレがコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグでセビージャ相手に素晴らしい逆転勝利(3-0)後、インタビューに応じた。

「すごく満足しているし、チームを誇りに思う。クラブで困難な時期を過ごしているが、今日は重要な1日になった。これを続けていかなければならない。」

ジョルディ・アルバははっきり言った。そして、ここ数試合のチームのハイレベルなパフォーマンスを称賛した。

「僕ら2試合で良いプレーをした。セビージャとの2連戦は今シーズン最高の2試合となった。この前、100%で戦わないと勝つことは厳しいと言ったことがある。戦ったチームを誇りに思う。もし今日勝つことが出来ていなかったら今シーズンを長く感じていただろう。今日の勝利は今シーズン戦い切るために喜びと自信を与えた。」

と良い、ラストプレーでのピケのゴールへの喜びをジョルディ・アルバはこう表現した。

「ピケのゴールはヤバかった。あれチーム全員がゴール前に上がり、ゴールを決めに行ったプレーだった。そして、一番背が高い男が決めたね。自信を持って延長戦にいくことが出来た。偉大な相手に対して僕らは素晴らしい戦いをした。」

ジョルディ・アルバは見るからに嬉しそうに語った。

クレマン・ラングレも試合後にインタビューに応じ、クラブが困難な状況下にある中での今回のセビージャ戦の勝利は非常に重要だと話した。

「クラブにとって重要なことだった。歴史を見ても、今僕たちは良い時期にいるとは言えない状況だから、この勝利は重要だった。非常にインテンシティ―の高いプレーをし、ファーストレグから結果をひっくり返し、逆転した。僕らはそれに値した。」

ラングレはっきりと言い、良いプレーをしたチームについても話した。

「僕らは相手にダメージを与えるために完璧な準備が出来ていた。そして、それをしっかりと実行した。2ゴール目を決めるまでは時間は掛かったが、最後の最後にギリギリ決めて、30分の延長戦に持ち込み、3ゴール目を決めることが出来た。逆転勝利に値した。多くの延長戦を戦い、僕らは慣れている。早めに試合を決めることができればベストだが、時にはこういうことが起こる。そして僕らは上手くやり遂げた。」

ラングレは最後にコメントを残した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事