監督の残留が決まり、『選手売却』が始まる!
スポンサーリンク

クーマン残留にOK、そして始まる選手売却


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Las salidas en el Barça tras el OK a la continuidad de Koeman


クーマンの構想に入っていない選手らは移籍先を探さなければならない

クーマンの残留が公式発表されたことはチームに大きな影響が及ぶだろう。昨シーズン構想外だった選手らは、出場機会を求めるのであれば、移籍先を探さなければならない。そうでないなら残ることも出来る。バルサとオランダ人監督は話し合いながら、メッシという大きな強みがあるチーム作りを仕上げていっている。何にせよクーマンはクラブの見解を承認すべきだ。

観念したピアニッチ

「1年で去るためにバルサに来たわけではない。」と同ボスニア人は3月に言った。クーマンから信頼を得ようとしたが、そうはできなかった。更にワイナルドゥム獲得の可能性が高く、次シーズンの展望が困難に見えるため、スポーツ部門は彼に移籍を進めている。同選手にはプレミアリーグやセリエAから関心がある。だが、トレードを求めているようだ。残留か退団のどちらかを選ばなければならない。

ジュニオール:移籍もしくはトレード

監督が交代してれば、バルサ残留の希望があったが、今はもうアスルグラナでの将来がないことを本人もわかっている。技術部は以前からイングランド、イタリア、そして左SBのガヤを獲得するために何かしらのオペレーションを企んでいたバレンシアへの移籍を実現させるべく動いていた。

正式なオファーがないマテウス

ムンド・デポルティーボ紙で彼はクーマンが自身に対して個人的な何かを抱いていたことを明らかにした。まだバルサで17分しかプレーしていない。

ウムティティ:既に戦力外を通達された

クラブ側からウムティティの代理人に来シーズンの構想に入っていないことを通達した。2023年まで契約がある同CBは退団を拒んでおり、いる場所でトレーニングは続けているが、彼の退団は回避不可能だろう。

セルジ・ロベルトの未知な将来

クーマンは彼のユーティリティ性と献身性、そして振る舞いを評価しているが、スポーツ部門は契約延長をしない意向だ。数年前に年俸アップもしていおり、そして中盤の選手のオーバーブッキングにより、売却リストに名が挙がった。クーマンの彼へのプレッシャーが決定的なものになるだろう。

リキ・プッジ、そしてクラブからの助言

トップチームで生き残るために才能を見せており、重役らは残留させることを好んでいる。これまでクーマンは彼に関して意見を述べてきたが、再度述べることになるだろう。

トゥリンカオ、控えという役割

プレー時間も先発出場も少なかったが、確かな自信があるようだ。FWの選手が数多くいる中でも残留のオプションを除外していない。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事