マスチェラーノがメッシの『バルサ残留』を願う
スポンサーリンク

マスチェラーノ

「個人的な願いはメッシがバルサに残留すること」


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

“Mi deseo personal es que Messi siga en el Barça”


ラ・リーガのインタビュー企画で、ハビエル・マスチェラーノは「FCバルセロナはメッシが心地よさを感じ、彼のフットボールを楽しみ、そして私たちを楽しませるための全てが揃っているクラブだ。」主張した。

元アルゼンチン代表でFCバルセロナでリオネル・メッシと2010年~2018年の8シーズンに渡って同僚だったハビエル・マスチェラーノが今週の水曜日に自身の「個人的な願い」はメッシが「長年FCバルセロナに残留することだ。」と言った。

「私の個人的な願いは彼に長年FCバルセロナに残留してもらうことだ。バルサは彼が心地よさを感じ、彼のフットボールをとのしみ、そして私たちを楽しませるための全てが揃っているクラブだ。その願いは私の視点からのものだ。だが、決断は非常にプライベートで個人的なことだ。早く知れることを期待しているよ。」

と、マスチェラーノはラ・リーガのインタビュー企画で述べた。

FCバルセロナでメッシと共に2つのチャンピオンズリーグ、5つのリーガ、そして、5つのコパ・デル・レイタイトルを獲得し、2020年にエストゥディアンテでプロキャリアに終止符を打った元アルゼンチン代表MFはアスルグラナのFWと連絡をよく取ると認めた。

「連絡を取るよ。だけど、彼の私生活については触れないよ。それはプライベートなことであり、彼にとって重要なことだ。」

と、アルゼンチンからビデオ通話でラ・リーガの企画に出席したマスチェラーノは説明した。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事