現在、そして未来のバルサを担うウルグアイ人CBをプレミアのクラブがロックオン!
スポンサーリンク

エバートンに狙われるアラウホ


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Araujo, en la órbita del Everton


イングランドのクラブはCBを探しており、同ウルグアイ人が候補者リスト入りも、バルサに売却の意思はなし

ロナルド・アラウホは今シーズン、バルサのCBとしての信頼を強固なものにした。そのハイパフォーマンスは多くのヨーロッパのクラブの関心を集め、同ウルグアイ人は現在、そして明るい未来を持つ選手と見られている。

関心を示すクラブのひとつがエバートンだ。イタリア人ジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ記者によると、同クラブは来シーズン、アラウホに守備の主力選手にする考えを持っているそうだ。しかし、バルサ内では、順調に成長しているアラウホを売却する意思はなく、桁違いのオファーが届いた時のみ、検討するつもりだが、パンデミアの影響を考慮すると、それは起こりづらいだろう。

エバートンフィリペ・コウチーニョの移籍先にもなりうる可能性もあり、トフィーズ(エバートンの愛称)は獲得に向けて4000万ユーロの移籍金を準備していると言われている。これまでの過去にバルサから、アンドレ・ゴメス、ジェリー・ミナ、そしてルーカス・ディグネがグディソン・パークに移籍してきた。

トップチームの選手としての初めてのシーズンでアラウホは29試合に出場、2ールをマーク、そしてバルサではクラブの将来のために同選手が重要な存在にならなければならないと誰も疑っていない。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事