グリーズマンとデンベレがSNSを通して『日本での動画』について説明し、謝罪
スポンサーリンク

問題の動画が流出後、デンベレとグリーズマンが人種差別に対する非難に反発


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Dembélé y Griezmann rechazan la acusación de racismo tras un vídeo polémico


2019年に日本でデンベレによって撮影された動画の中で、ウスマンはアジア人の業者に対して「ブサイク」と言った。

グリーズマンは「僕は常に人種差別に反対だ。」、そしてデンベレは「あれはプライベートな表現であり、誰かを敵対視したのではない。」と説明した。

アントワーヌ・グリーズマンとウスマン・デンベレが今週の月曜日にSNSに流れたデンベレ本人が撮った動画の中で、ホテルに来たアジア人業者に対してコメントをし、それが人種差別的なコメントだったのではないかというのにFCバルセロナのフランス人選手らは反対した。二人はもし誰かを傷つけたのであれば、謝罪するともコメントしたが、起こったことの中で人種差別はなかったと主張している。

ここ数日で拡散された2019年撮影の動画の中でデンベレは、

「このブサイクな顔はPESをプレーするためだけのものだ。恥ずかしくないのか?」

と言った。それを聞いたグリーズマンは笑っていた。ネットではそれに対する批判が殺到した。そして昨日、両選手ともそれについての説明をした。

グリーズマンはTwitterで、

「僕は常に人種差別に反対だ。数日前から僕のことを実際とは異なる男にしたてあげようとする人らがいる。そういった僕に対する非難には信念を持って反発する。そして、もし日本人を傷つけたのであれば、申し訳ない。」

と、書いて投稿した。

デンベレはインスタグラムでメッセージを残した。2019年に起こったことは日本にいた時のことだが、

「地球の他の場所でも起こっていたかもしれない。」

「同じような表現を使っていただろう。」

「誰かを敵対視したわけではない。時々、こういったプライベートな表現を僕は使う。相手が何人でもだ。この動画は公開されたものだ。これにより誰かを傷つけたかもしれない、それに関しては誠意を持って謝罪する。」

と書き残した。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事