土曜日の運命のアトレティコ戦で主審を務めるマテウ・ラホスとバルサの『過去の思い出』
スポンサーリンク

知って置くべきメッシとマテウ・ラホス主審の相性


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Los datos Messi-Mateu Lahoz que hay que tener en cuenta


メッシの試合で一番多く主審をし、メッシに一番多く警告を出した主審であり、そしてアトレティコ戦で最も多くの警告を出した

2014年5月にリーガタイトルを賭けた試合でメッシのゴールを取り消し、タイトルを逃したことがある

今週の土曜日(16:15)にカンプノウで行われるリーガ35節バルサ対アトレティコ・マドリードの試合で主審を務めることになったアントニオ・マテウ・ラホス(バレンシア出身主審)、この試合はリーガタイトルへの鍵になる。同主審の任命は2013−2014シーズンのカンプノウでの記憶を蘇らせる。間違いでメッシのゴールを取り消し、ロヒブランコ(アトレティコ)に優勝をもたらした。

バレンシア出身の同主審とレオは奇妙な関係だ。今週の土曜日の試合でマテウ・ラホスはメッシの試合を一番多く担当した主審になる。合計39試合(リーガ32試合、コパ・デル・レイ6試合、そしてスペインスーパーカッ1試合)、それはフェルナンデス・ボルバランの試合数と並ぶ数だ。バルサは26勝5敗8分。そして、アレハンドロ・エルナンデスと並び、メッシに一番多くの7枚の警告を出している主審でもある。

アトレティコは同主審が2番目に多く担当しているチームだ。今までバルサ対アトレティコを6試合担当し、不思議なことにその内の2試合が彼が最も多くの警告を出した試合となっている。その試合は2017年2月26日の1−2で勝利した試合と、タイトルを逃す形となり、論争が起こった2014年5月17日の試合だ。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事