メッシとの契約延長のために『犠牲にすべきもの』
スポンサーリンク

メッシとの契約延長まで10人の売却が必要


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Quedan 10 salidas antes de renovar a Leo Messi


解決策は高額なサラリーを受け取るグリーズマンかセルジ・ロベルトの放出。しかし前者は移籍金が完済したおらず、後者のカンテラーノは移籍を望んでいない

大きな改革はエメルソン、エリック・ガルシア、メンフィス・デパイ、セルヒオ・アグエロ、そしてワイナルドゥム獲得と最高14選手の放出がメインで進行されている。今現在、補強したかった5人内の4人補強を補強、そして5人の選手を放出することに成功している。トディボ、コンラード、そしてジュニポール・フィリポを完全移籍させ、マテウスとは契約解除、トゥリンカオウルブスへとローン移籍をした。そこで出場時間を得れる可能性が高く、更にイングランドのクラブが年俸も支払うためラポルタも節約をできる。(昨年セメド移籍を実現させた)ジョルジュ・メンデスがまたもバルサに手を差し伸べた。採算を合わせなければならないバルサはまだメッシと契約延長を出来ていない。選手売却と給料減額交渉を行い、サラリー負担を軽減する必要がある。

ウムティティを売却することを望んでいるが、本人に出る気はなく、ピアニッチはまだクーマンからなぜ構想外なのか理由を知らされていない、コウチーニョはプレミアのクラブから人気が高い、デンベレへのオファーは怪我により白紙に、そして、ネト、アレニャ、ブライトバイテも退団するだろう。これらをクリアし、リーガのファイナンシャル・フェアプレーを守らない限り、メッシとの契約延長は達成できない。解決策はグリーズマンセルジ・ロベルト売却になるかもしれない。二人とも高額な年俸を受け取っている。だが、前者はまだ移籍金が完済しておらず、後者のカンテラーノは移籍を望んでいない。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事