ネイマール一家がパリ残留を決断した『理由』
スポンサーリンク

ラポルタはネイマール獲得を試みたが、パリの「ある長」が2000万ユーロ振り込み、それをストップ

MD翻訳記事

Laporta intentó el fichaje de Neymar, pero un jeque lo frenó con 20 ‘kilos’

会長就任時に2人の役人をパリに送り、ネイマールの説得と獲得を試みた

カタルーニャラジオ「RAC1」によると、パリのある長がネイの父の口座に2000万ユーロを振り込み、全てを阻止したそうだ

ジョアン・ラポルタは会長就任時に明確な目標を持ってい。それはネイマールバルセロナ帰還だ。カタルーニャラジオの「RAC1」は今週月曜、同選手を説得し、取り戻すために2人の役員をパリに向かわせ、動き出したが、PSGは同選手の放出を決して容認しなかった。

ネイマールラポルタが送ったその2人の役員に友達であるレオ・メッシと再びプレーできるバルセロナに「本気」で復帰したいという意向を伝えた。そして最終的には、その目標をパリで達成した。同ブラジル人はカタルーニャのクラブに復帰したい気持ちがあったにも関わず、パリに残留した。それに対して記者のジョルディ・バステ氏は、バルセロナからの関心を知っていたパリの長の一人が2000万ユーロをネイマールの父の口座に振り込んだことを明かした。そのお金はPSGから出たものではないように見せているようだ。

そこからどうなったかは、知っての通りだ。ネイPSGに残留し、その後、ドンナルンマ、ラモス、ハキミ、ワイナルドゥムが加入、そして古巣であるバルセロナからフリーでレオ・メッシも加入した。

 

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事