ムンド・デポルティーボ紙のFCバルセロナ選手批評: ラ・リーガ第22節 vs ベティス
スポンサーリンク

ラ・リーガ第22節 vs ベティス

FCバルセロナ選手批評グッブー

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

Mundo deportivo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星ベストプレーヤー星

メッシ ― メッシ休養を取れず

クーマンはメッシに休養を与えたかったが、そうはいかなかった。半分寝ていた仲間を起こすための合図を与えるためにメッシに頼らなければならなかった。そして入って10分で壊れた試合を直した。ゴラッソ1点と2点目を作り出した。そしてシンプルで威圧的な彼のフットボールを披露した。ディフェンスのミスからFKで失点を許し、彼の影響力に脅威を与えるかに思われたが、それを許さなかった:メッシの浮き球パスをビクトル・ルイスが処理ミスをした隙をトゥリンカオが突き、素晴らしいゴールを決めた。レオは一番最初に彼を祝った。「オブリガード」(ポルトガル語でありがとう)

クーマン監督 ― インフルエンサー

クーマンの初めのプランはなるべく主力たちを温存して勝利することだった。だが、それは出来なかったから、プランBを使い勝利ラ・リーガでの連勝を6まで伸ばすことに成功した。

―スタメンー

テア・シュテーゲン ― 前半、ドイツ人は先制点を決めたボルハだけにやられたように見えた。後半は2つの危機を阻止した。1対1の場面をセーブした。2-2の失点シーンは相手に自身のテリトリーに侵入をされ決められた。

ミンゲサ ― 攻撃的

クーマンは右サイドバック不足により、またもミンゲサを起用した。守備よりも攻撃のようが明らかに良かった。低いクロスボールとゴールに値したシュートも1本を放った。

アラウホ ― 負傷

休養を与えるべき選手候補だった。災難にも負傷でピッチを後にした。彼の離脱はバルセロニスモを凍りつかせた。:だれもそう予言していなかった。

ラングレ ― 保守的

後方で良いプレーをした、前線で決定機をシュートミスした。至近距離からのヘディングシュートはゴールにしかならない場面だった。

ジョルディ・アルバ ― 深み

ラングレが逃しはしたものの、前半に素晴らしいクロスを上げた。そして後半1-2に繋がるクロスをグリーズマンに上げた。グリーズマンはミスをしたが、ビクトル・ルイスに当たってゴール。

ブスケッツ ― 消極的

ベティスの2ゴールでまずい対応をした。最初はオフサイドをアピールしている間に決められ、二つ目は最近のクレの不安であるFKを献上し、そこから失点した。恐らく多くの試合で起こっている。

ピアニッチ ― 不足

クーマンにもっと出来ることをアピールするチャンスだったが、活かせず。気配もなかった。精彩を欠いた。予測できた交代。

リキ・プッジ ― 賞を受けた

時間を追うごとに公職追放された同選手は履歴を作っている。多くの場面でベティスディフェンダー、そして主審までドリブル突破することを望んだが、なかなかインスピレーションを掴めず、途中交代。

グリーズマン ― 恵まれず

メッシ不在の中、序列を見れば攻撃の指揮は彼が取るべきだったが、そうならなかった。2-1になった場面では訪れた決定機でミスをした。ビクトル・ルイスのオウンゴールになり、微笑んでいたが、それは気が軽くなった安堵の印だった。

デンベレ ― 混雑した

サイドで当惑させる過度な活動を行ったが、時折いらだたせることもあったが、常に期待はあった。メッシの同点ゴールをアシスト。

ブライトバイテ ― 気分が重い

体はフレッシュだったが、クレバーではなかった。恐らくさサイドでのプレーだったからだろう。ハーフタイムで交代。

―交代出場―

デ・ヨング ― 緊急

過度の負担が掛かっていたため、1日限りの休養だったにも関わらず緊急出場。最初はセンターバックでプレーした。

ペドリ ― 必要

彼が入ってバルサが良くなったのは偶然ではないだろう。彼がメッシを上手く使ったのは間違いない。

トゥリンカオ ― ミラクル

ここ数試合、多くのシュートを打つも、あと少しで決まっていなかった。だが、やっと決まった。そして勝利をもたらした!

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事