育成年代における日本とスペインの『技術』の違い
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

今回は僕がスペインに来て感じた、育成年代における日本とスペインの『技術の違い』について書きたいと思います。

日本とスペインの『技術』の違いとは

日本では、止まっている状態での、止めて蹴る運ぶなどの技術が高く、スペインでは激しいプレースピードの中でも技術を発揮できる違いがあると感じました。

その違いは普段の練習の差だと思います。

日本ではリフティングやコーンドリブルなど相手がいない中での技術練習なのに対して、スペインでは常に複数人で行いながら、判断が伴うような練習が多い印象があります。

なので、日本人選手はプレースピードが遅いとプレーの質は高いですが、スピードが上がると質が落ちてしまいます。それは普段の練習が少し試合とかけ離れてしまっているからだと思います。選手はボールを一度止めてから、次のプレーを考えるのでどんどんプレースピードが落ちていきます。そんな状況下でプレーできたとしても、レベルが上がるとプレースピードについていけず、プレーの質が落ちてしまいます。だからこそ、指導者が練習の目的をもっと明確化し、より複雑な状況でもプレーできる選手を育成することが大事だと思います。

僕が以前にスペインの育成年代の練習を見学した際に、監督が選手に対して練習の目的が伝わるような指導をしていました。それはただ答えを提示しているのではなく、選手がその状況を解決できるように導いてる印象でした。選手に対して常に問いかけながら指導していたので、選手も常に試行錯誤してトライしていました。そういった練習環境がただの技術だけでなく、プレースピードが早い状況でも瞬時に判断し、正確なプレーに繋がっているのだと僕は思いました。

来季は実際に1シーズン通してチームに関わることができるので、様々な発見ができることを楽しみにしています!!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事