バルサ「低コスト」で獲得できるアルゼンチン人FWと相思相愛?
スポンサーリンク

クン・アグエロとバルサの接触が増える


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Más contactos entre el Barça y el Kun Agüero


アルゼンチン人FW獲得は関心は継続中、カンプノウのオフィスはオペレーションを分析し続けている。

同選手はシティとの契約が来月の6月で満了する、そして減給も受け入れる姿勢

クン・アグエロのがバルサと契約する可能性は今も探り中だ。ネイマールがPSGと契約更新して以降、更に可能性が高まった。これは「低コスト」での良い手段であるため、カンプノウでは引き続き調査をしている。マンチェスター・シティFWはあらゆる可能性を考慮しているが、バルサ移籍を魅力的に感じているようだ。

イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノによると、クン・アグエロはオペレーションを簡易化するために給料の減額を受け入れる意向のようだ。ムンド・デポルティーボは選手本人の好意的な姿勢を知ることが出来た。そして、接触は数日前に行われたようだ。カンプノウ内では同選手はフリーになる選手であり、素晴らしいFWであることを強調している。だから、双方が互いの意向を知るために話し合いをしたのは通常のことだと捉えることができる。

クン・アグエロにとっての問題はロナルド・クーマンだ。同オランダ人監督はメンフィス・デパイを好んでいるが、デパイの移籍は同監督が残留するかどうか次第で変わる。アスルグラナの重役らはリヨンFWの加入に絶対的な確信を持っているわけではない。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事