『win-win』なビックトレード!?
スポンサーリンク

グリーズマン・サウール:バルサとアトレティコのトレード移籍実現の可能性


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Griezmann-Saúl: posible trueque entre Barça y Atlético


両クラブはこの2人をトレードする可能性を考慮している

カンプノウではMFを探しており、サウールはマドリード退団を望んでおり、シメオネはグリーズマンのことを忘れず

今夏最大の動きになるかもしれないのが、アトレティコFCバルセロナのトレードだ:サウール・ニゲスアントワーヌ・グリーズマンのトレード移籍。これは両クラブが目論んでいるオペレーションだ。なぜなら両方にとって利があるからだ。そして、もし実現すれば、移籍市場のビックニュースになる。まだ初期段階ではあるが、来シーズンに向けた両選手のトレードの可能性の噂はすぐに広がった。

両方の状況を見てみると、まだ26歳のサウールは環境を変えるために真剣に移籍を考えている。以前からそれを検討していたが、アトレティコが満足するオファーが届かなかったため、これまでは不可能だった。最近、リバプールが関心を示し、4000万ユーロで獲得を試みたが、その金額はコルチョネロ(アトレティコ)にとっては不十分だった。2026年まで契約を結んでいおり、契約解除金1億5000万ユーロ。メトロポリターノは選手が移籍を望めだ協力すると選手にははっきり伝えてはいるが、要求金額は常に高い。

ワイナルドゥムに代わるオプション

FCバルセロナは重要な選手獲得をするためにはトレードしかないと思っている。PSGに移籍したワイナルドゥムの獲得に失敗して以降もバルサは中盤の補強を望んでいる。更に何がなんでもサラリー負担を減らさなければならいため、負傷でオファーが白紙になったデンベレに代わり、グリーズマンを放出することを考慮している。

ロナルド・クーマンメッシの残留のために必要であれば、同フランス人の残留を諦めるつもりのようだ。そしてディエゴ・シメオネは「7番」の古巣復帰を歓迎するだろう。彼はアトレティコで最高のパフォーマンスをし、代表でも主力としてW杯チャンピオンになり、世界最高の選手の1人になった。

グリーズマンにとって特別なアトレティコ

グリーズマンの高額なサラリーはこのオペレーションを実現させる上で大きな障害だ。だが、アトレティコはアスルグラナのクラブがメトロポリターノ復帰のために彼のサラリーを減らすと思っている。同選手の周辺の関係者も、もしバルサ側から移籍してくれと言われたら、古巣が選択肢に入ることを否定はしていない。そしてチョロも戻って来いと言うだろう。昨年の夏にシメオネは古巣復帰の可能性について聞いたが、現在、それは実現可能になっている。しかし、アントワーヌの状況をマンチェスター・シティも注意深く様子を伺っている。

win-win

上でも言ったように、このオペレーションは決して簡単ではないが、両クラブが検討し始めてからある程度の時間が経っている。全ての人間がもし実現すれば、win-winになるということを理解している。アトレティコ側は、シメオネが愛し、ロヒブランコで輝いたワールドクラスの名手を取り戻すことが出来る。30歳のグリーズマンとその家族はバルサが放出を望めば、マドリードに戻ることになる。そして、バルセロナ側としてはメッシと契約延長をする上でキーポイントになっているサラリーの負担を簡単に減らすことが出来る。そしてクーマンは自信が望むスタイルに完全に当てはまる同MFを補強することが出来る。サウールのコルチョネロに対する愛情は疑いようがないが、彼は環境を変えるタイミングだと思っており、プレミアやイタリアを除いて、バルセロナはそんな彼が辿り着くかもしれない数少ないクラブのひとつだ。

バルサ移籍時にメトロポリターノのサポーターの怒りを買い、多くの批判を受けた元アイドルの復帰に対してコルチョネロのファンたちがどんな反応をするのかまだわからない。グリーズマンがサポーターらの支持をまた勝ち取らなければならないのは明確だ。まずはロヒブランコになるために給料カットを承認することから始まるだろう。採算と選手の価値を合わせなければならない。(バルサグリーズマンに払っている額とスターレベルの条件は荷がかなり重い。)だが、これは実現可能なトレードだ。最終的にどうなるか見守ってみよう。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事