ムンド・デポルティーボ紙のFCバルセロナ選手批評: コパ・デル・レイ準決勝 vs セビージャ
スポンサーリンク

王冠1コパ・デル・レイ準決勝ファーストレグ VS セビージャ

FCバルセロナ選手批評グッブー

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

El 1×1 del Barça ante el Sevilla

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星ベストプレーヤー星

メッシ ― ゴールを目指すもボノに阻まれる

ほとんどのバルサのチャンスは彼の足から生まれた。とてもキレがあり、しつこくゴールを目指したが、運がなかった。ボノはアルゼンチンに訪れた2つのビッグチャンスをセーブした。前半、グリーズマンのアシストからメッシが放ったシュートをビッグセーブした。後半はあと少しでゴールだったFKをボノが片手で素晴らしいセーブ、その後も隅に放ったシュートをセーブした。メッシはバルサの攻撃を引っ張り、キレを見せ、危険な選手だった。だが、今回はゴール出来ず。

クーマン監督 ― 消極的

不調のラングレではなく、ウムティティに賭けたが、そのフランス人はセビージャの2ゴールに絡んだ。チームに疲労が感じられても84分まで交代をせず、相手はその間に交代し、5人のフレッシュな選手がピッチに立った。

―スタメンー

テア・シュテーゲン ― 戦った

最初の非シュートがゴールになった。前半終了間際にエスクデロのシュートをビッグセーブし、2点目を阻止し、チームを助けた。試合終了間際のラキティッチのシュートはもう少し何か出来たと思う。

ジュニオール・フィリポ ― 場違い

クーマンは彼を右SBに選んだ。逆足でのプレーになった。攻撃面で少ししか上がらず遠慮がちだった。守備面で複雑にならないように試みた。後半ほとんど存在感が無かった。

ミンゲサ ― 断続的

前半は特にビルドアップ時とても正確だった。後半、エン=ネシリに2度スピードで突破された。後ろからのビルドアップが素晴らしかった。

ウムティティ ― 正体を写し出された

セビージャの2ゴールに絡んだ。1-0の失点場面ではコウンデにあっさり突破を許した。2失点目でも主役となった。オフサイドトラップをトライミスし、その後滑り、ラキティッチを独走させた。後方に走る時の彼は本来の状態からほど遠い。

ジョルディ・アルバ ― 控えめ

攻撃参加を試みたが、最後のところで脅威になれず。主審マテウにエリア内のファールを要求するも、認められず、FKとなった。主審への抗議でイエローカードを受けた。

ブスケッツ ― 不規則

プレーの組み立てが正確で良い形で試合に入ったが、コウンデの先制点の場面ではぬるい守備をした。チームとしてみれば、まずまずの出来だった。

デ・ヨング ― 弱い

定位置のMFでプレーし、敵エリア内に侵入を試みたが、時間が経つにつれて弱まった。オランダ人は進化前の時のようだった。

ペドリ ― 無益

ピッチ中央で才能を見せ、質の高いプレーを生み出した。しかし違いを生み出すことが出来ず。終盤に交代。

デンベレ ― キレ

好調を維持している。メッシと共にアスルグラナで最もキレがあった。常にセビージャのエリア内侵入を試みたが、成功せず。

グリーズマン ― 献身的

メッシに1本素晴らしいアシストがあったが、攻撃で存在感があまりなかった。けれど守備ではプレスで貢献した。

―交代出場―

リキ・プッジ ― 弁解できる

84分に出場も直後に2-0にされた。試合に入るほどの時間はほとんどなかった。

トゥリンカオ ― 知られず

89分に出場し、ロスタイムをプレー。何も出来ず。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事