セビージャに敗北したバルサのポジティブな面
スポンサーリンク

セビージャの地で最多パス成功数を記録したミンゲサ

~同選手はバルサとセビージャの選手の中でトップのパス成功率を記録した~

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コパ・デル・レイ準決勝セビージャの地で敗退2-0したFCバルセロナの試合だが、ポジティブな面もあった。それは両チーム最多のパス成功率を記録したオスカル・ミンゲサのケースだ。アスルグラナのカンテラは69本のパス成功させ、63本成功させたウムティティ、コウンデ、そしてジョーダンを上回った。

コパをかけた試合でミンゲサは右CBで右SBのジュニオール・フィリポと左CBのウムティティをかばいながらプレーした。アスルグラナのCBは素晴らしいスタッツを記録した:2本のロングパスを成功させ、パスミスは3本のみ。そして9回のボール奪取はペドリと並んでいる、チームではブスケッツ(11回)、テア・シュテーゲン(10回)に次いで3位だ。ミンゲサは90分プレーし、4回ボールを失い、2回ドリブル突破を許し、ファール1回、非ファール2回となった

まさにウムティティ(18本)とフィルポ(17本)の2人がアスルグラナのビルドアップの詰まりを解決したミンゲサに最多数のパスをした2人となり、MFへのパスはわずかだった。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事