シーズン終了に向けて『急務』が多すぎるバルサ内部
スポンサーリンク

バルサが早急に決断しなければならない将来のこと


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Las decisiones de futuro que el Barça debe tomar ya


クーマンの不透明な将来、メッシとの契約更新、重役たちのこと、必要な補強、そして急務の売却

レバンテ戦のあってはならない引き分け(3−3)で、奇跡が起こらない限り、今シーズンをコパ・デル・レイのタイトルだけで終えることがほぼ決まった。これからはバルサの重役はこれ以上を延ばすことの出来ない決断をしなければならない。バルサがまたトップレベルに返り咲くためのプロジェクトを始めるための未知数のこと解決しなければならない。クーマンの不透明な将来、メッシの将来、選手補強、重役たちの状態、ジョルディ・クライフの招聘…

不透明なクーマンの残留

オランダ人監督は2年の契約があることを繰り返し言っており、また契約を満了することを望んでいる。ただクラブはそれを公の場で明らかにしたことがない。スポーツダイレクターは続けると断言しているが、クラブ内には疑問を抱くものもいる。クーマンにとっては困難な1年目になり、会長のいない期間も過ごした。選手を補強する資金もなく、若手選手に賭けざるを得なかった。コパは唯一のタイトルで、リーガは遠かったが、彼は新プロジェクトの中で働き続けている。

メッシ、イエスかノーか

ラポルタ会長とメッシの間には良い調和があるのは、接触を見てもわかることだ。会長と同選手の父の話し合いは保留となっている。多くの情報機関が2シーズン+1年オプションでの延長、そしてメジャーリーグサッカーを終えた後、クラブに復帰する。という契約を前向きに検討してい。上手く進展していると報道した。しかし、疑いをもたせることがある。ネイマールの件だ。ネイマール復帰の可能性はラポルタの強みだったが、メッシとプレーすることを考えていたブラジル人はPSGに残留した。レバンテ戦で先制点を決めたメッシの表情や試合後の様子を見ると心配になる。

ジョルディ・クライフの招聘

フットボールダイレクターのマテウ・アレマニー、技術部にはラモン・プラネスがいるが、内部の人間はジョルディ・クライフにスポーツ部門を統率してほしいと考えている。彼の渡航日を決めてはいるが、現在は中国でスーパーリーグで指揮を取っている。クラブ内部からの情報によるとシーズン終了後に来るとことは確実のようだ。だが、一刻も早く来て、プロジェクトを進めてほしいと考える人もいるようだ。

必ず売却しなければならない選手:コウチーニョ、ウムティティ、ジュニオール、ピアニッチ…

バルサで未来がない選手たちがいる、少なくともスポーツ部門はダイレクターは動き出している。以前から移籍先を探しているウムティティとコウチーニョのケースだ。この2人がクラブで居場所を確保するのは、難しいだろう。同じく、ジュニオールの移籍先も探している。この選手らは監督からも技術部からも信頼を得ることが出来ていない。そして、それと同じ状況なのが、ピアニッチだ。スターになるために補強したが、出場機会が少なく、存在感がない。

給与面の交渉

会計事務所の結果待っているが、クラブはパンデミアの影響によって経済難に陥っており、選手らと給与面について再交渉せざるを得ない状況だ。高額な給料の支払いは絶対に不可能だ。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事