バルサの不手際で被害を受けているコヤードにドイツから関心?
スポンサーリンク

レバクーゼンが1月にコヤード獲得へ、関心を示す?

MD翻訳記事

El Leverkusen, posible vía de escape para Collado en enero

ドイツのクラブがトップチームで選手登録されていないカンテラーノの動向を追う。今冬の移籍市場で環境を変え、プレー時間を確保か

選手登録も背番号も無いアレックス・コヤードだが、1月にラ・リーガに選手登録することを目標にバルサのトップチームで日々トレーニングを続けている。しかし、同カンテラーノはプレー時間を確保するために新しい移籍先を探さなければならいと周辺はほのめかしている。

シェリフフィールド・ユナイテッド移籍間近だったコヤードだったが、書類手続きを時間内に終えることができず、バルセロナ残留を余儀なくされた。そして現在は新たなクラブが同カンテラーノを今シーズン終了までのローンでの獲得に興味を示している。

移籍情報サイト「Fichajes.net」によると、ヨーロッパリーグを戦うバイエルン・レバークーゼンが高い技術を持つ中盤の選手を補強するためにコヤードのローンでの獲得に関心を示しているとのことだ。

夏にコヤードは成長するためにヨーロッパ大会に出場するクラブを探し、ブルージュスポルティング・ブラガの名が挙がっていたが、両クラブはローンに買取オプションを付けることを望んだため、それを望まない選手本人がそれを断った。もしバイエルン・レバークーゼンが今シーズン限りのローンを望むのであればコヤードブンデスリーガに向かうかもしれない。

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事