今シーズン限りでフリーになる実力者を市場調査するバルサ
スポンサーリンク

フリーになる選手らに注意を払うバルサ

MD翻訳記事

El Barça, atento a los agentes libres

アスルグラナのクラブは来夏フリーになる選手らの調査を開始

スポーツ部門はエリック、クン、そしてデパイのようなオペレーションをまた行いたい

シーズン終了まで8ヶ月、オナナ、ポグバ、リュディガー、ケシエの名前が既に挙がっている

経済難により困難な状況下にあるFCバルセロナ、スポーツ部門は補強のチャンスを伺っている、具体的にどんな選手かというと、今シーズン限りで契約満了となる選手だ。目標は今年の夏のようにコスト0のフリーでトップレベルの選手を獲得することだ。昨シーズンで契約満了となり、獲得したセルヒオ・アグエロ、エリック・ガルシア、メンフィス・デパイのようにだ。でも来夏に大きな資金を持つことが出来ないわけではない。だが、理論上は、巨額の資金は主に決定的な攻撃の選手に費やされる。

クラブ側はどのようなプロフィールを持った選手をフリーで獲得するのか明確にしている。主に黒子に徹することができ、若返ったチームに経験値を足すことができる重要な役割任せられるベテランの選手だ。そんな中、フランク・ケシエといった若い選手の獲得チャンスもある。補強にピッタリのプロフィールである強靭さと足元の技術を兼ね備えた24歳のミランMFも今シーズン終了後にフリーになる。

他の補強ポジションはGKだ。次の6月30日で契約満了になるアヤックスのアンドレ・オナナの代理人にもバルサは接触している。

移籍市場でのチャンス

今は2022年の夏でフリーになる選手たちとの契約を終結するタイミングだ。なぜならまだ契約更新をしていないからだ。リストは非常に魅力的で、多くのチャンスがある。GKのポジションから始めるならば、オナナだけではなく、将来有望でポルトの正GKの22歳ディオゴ・コスタもフリーになる。イニャキ・ペーニャと同じく将来のための補強にもなる。

右サイドバックには興味深い選手らがいる。今夏に除外はしたものの、オーリエ(ビジャレアル)、今季これまで10試合4ゴール3アシストをマークしているアヤックスの23歳マズラウィ、そしてチェルシーのキャプテンで32歳のアスピリクエタも今シーズン限りでフリーになる。

センターバックには、2人のヨーロッパチャンピオンの名前が挙がっている。クリステンセンリュディガー、以前バルサが興味を示していたズーレとルイス・フェリペ、左サイドバックには同じくバルサが以前狙っていた26歳ロマニョーリ、そして、膝の手術の経過次第ではあるが、まだ若い22歳ザガドゥもいる。

中盤には良いオプションが出ている。中央でプレーできる選手は、マルセイユの21歳で将来有望のカマラ、更にトリッソ、ブロゾビッチ、そして28歳ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)らがいる。ベテラン勢ではペリシッチ、将来性があり左利きのファビオ・ヴィエイラ、右利きの選手はリンガード、イスコ、ムヒタリアンがいる。

良い選手が揃うサイド

アンスとデンベレが復帰したものの、バルサにはウイングの選手が必要だ。両選手とポジション争いをできる選手が選択肢に現れている。左利きでは両サイドでプレーできるディマリア(33歳PSG)、ベルナルデスキ(27歳ユベントス)がフリーになる。そしてこれまで何度も移籍が噂されたディバラ(27歳ユベントス)もそうだ。逆サイドはインシーニエ(30歳ナポリ)とボガ(24歳サッスオーロ)、この2人は興味深い選択肢だ。

FWでは、もっとも目立っているエムバペだ。ただ、もし契約更新を望んでいるPSGと更新をしない場合はレアル・マドリードが獲得に再度動き出すだろう。トリノのベロッティ(27歳)もまだ契約更新をしていない。更にアーセナルのラカゼット、数年前のCLでバルサ相手にアンフィールドで2ゴールをマークし、40勝利に貢献したオリギ(26歳)も今シーズン限りでリバプールと契約満了になる。

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事