バルサのカンテラーノ契約延長計画!!日本の名字を持つカンテラーノの名も…
スポンサーリンク

バルサが目論むカンテラーノたちの契約延長計画。

バルサの新スポーツ部門の意向は、固定で3年延長を提示し、補償金の兆しを見せる2つのオプションをつけること


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Nuevo plan para renovar canteranos en el Barça


FCバルセロナのスポーツ部門はシーズン終盤の仕事を片付ける為に働き続けている。数カ月に及んだ代理委員会。沢山の整理すべきフォルダが残っている。レオ・メッシとウスマン・デンベレの契約延長から始まったが、未来の為に下部組織にいる若手タレント達のことも気にかけている。


まずは優先的に6月30日で契約満了となるバルサBの選手らと、初めてのプロ契約をするカデーテ年代(U16)の選手らとのサインだ。そのリストの中でも上部にいるのが、イライクス・モリバだ。彼との契約延長は並外れたものになるだろう。だが、まだ代理人が誰になるか決まっておらず、決まるまでは“保留”になる。
そして、オスカル・ミンゲサは既に話し合い、オプション付きで2年延長することになるだろう。

カンテラーノ達の今後の契約延長は、ニコ・ゴンザレスと同じく、オプション無しの3年延長で提示されるだろう。もちろん常に例外はあるが、フットボールディレクターのマテウ・アレマニーホセ・ラモンバレンシア在籍時代もこのようにしていた。こうすることで、より都合が良い思っているようだ。更に、オプション付きの2年の契約延長には、契約満了前に破棄する場合、200万ユーロ〜600万ユーロの補償金を支払わなければならないという、条件が付いている。

もうその契約を進行している選手らもいる、最近2023年まで契約を延長したアレックス・コヤードイニャキ・ペーニャだ。ジョアン・ミランダはどうなるか未解決のケースだ…バルサに戻るか、ベティスに残るか、ベティスとは、戻らない場合、3年契約をすると話しをしている。更に、3年+2年の契約にサインした同年代のオリオル・ブスケッツ、モンチュ、そしてハンドロ・オレジャーナの今後もまだ未解決の状態だ。オレジャーナクレに残りそうだ。もちろんブスケッツモンチュがどうなるかによって変わる可能性もある。彼らはサインをしてしまうと、居場所の無いバルサのトップチームにもう2年在籍しなければならなくなるが、彼らは年俸は貯金するにも十分な額を受け取ることが出来る。ただし、破棄する場合、バルサに補償金を払わなければならなくなる。

バルサBには、ユース年代にも関わらず、もうすぐ契約が満了する選手らがいる。既に交渉を始めているニコ・ゴンザレスだ。
それとU17代表で明るい未来が待っているDFホセ・マルサFWカルロス・ポロだ。まだ2人の情報はない。同FWに関しては、2つのオプションがあり、クラブの判断次第で決まるようだ。

最終的には、契約が満了するユース3年目の選手をバルサBに残すかどうか決めなければならない。だが、優先順位はカデーテ年代(U16)の方が高そうだ。クラブが大いに期待しているのは、セルジ・ドミンゲス、ジェラール・エルナンデス、そしてイケル・ブラーボの3選手で、それらに次いで、ジャン・モリーナ、ジョアン・アナヤ、ニコ・タカハシ、アマドゥ・バルデ、クリスト・ムニョス、そしてアントニオ・マルティンらが2005年生まれの選手の中で傑出している選手達だ。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事