19歳コンラードがマルセイユにローン移籍へ
スポンサーリンク

コンラード・デ・ラ・フエンテが買取オプション付きでマルセイユにローン移籍へ


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Konrad de la Fuente: cesión al OM, más opción de compra


フランスのクラブは2022年6月にローン期間が終了する時に同ウインガーのローン移籍金500万ユーロを支払うだろう

コンラード・デ・ラ・フエンテがもうすぐバルサを離れるだろう。スペインラジオ局「RAC1」がマルセイユが同選手に関心を示していると報道して以降、ムンド・デポルティーボは今週の月曜日にコンラードがローンでフランスのクラブへ移籍することが分かった。そして2022年6月までのローン期間が終了後に買取義務の条件が含まれている。

マルセイユは同アメリカ人がフランスのクラブでの1年目のシーズンを終えた時点でバルサにコンラードの移籍金である500万ユーロを支払う。今シーズン、コンラードロナルド・クーマンの下で2020年11月24日のチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦に出場し、トップチームデビューを果たし、同大会のフェレンツヴァーロシュ戦にも出場した。そして、コパ・デル・レイのコルネジャ戦にも出場した。

19歳にして、今シーズン、コンラードバルサBで重要な選手となり、22試合に出場し、6ゴールをマークした。バルサBは最終的にプレーオフ準決勝で敗退し、セグンダA昇格は逃したものの、アメリカ人FWの貢献はガルシア・ピミエンタのチームで大きな役割を果たした。

ただバルサには2022年6月で契約満了する同選手と2年の契約延長をし、来シーズン、同ウインガーのローン期間終了後に買取義務の条件の移籍金を高く設定し、もっと大金を受け取れるオプションもあった…

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事