ムンド・デポルティーボ紙のFCバルセロナ選手批評 vs レアル・ソシエダ
スポンサーリンク

VS レアル・ソシエダ

FCバルセロナ選手批評グッブー

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

星ベストプレーヤー星

パーテア・シュテーゲン ー ドキュメンタリー、キャプテンマークをしていないキャプテン

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは120分間素晴らしい試合をした。びっくりするようなビッグセーブ3つ:前半と後半、延長戦に1つずつ。ドイツ人GKはチーム引っ張った。失点したPK以外すべてのシュートを止めた。その後のPK戦ではソシエダの最初の2人のシュートをストップし、チームに自信を与えた。3人目はポスト。テア・シュテーゲンドキュメンタリーなパフォーマンスをした。完全に彼がチームを決勝へと導いた。

クーマン監督 ― 成功した

メッシのいない11人を信頼した。チームはここ数試合の進歩を続けた。交代も上手く機能。特にピアニッチとリキ・プッジ。彼に成功が好転した。

―スタメンー

ミンゲサ ― 支配

サイドバックで出場、オヤルサバルの守備に追われながらも、チームに縦の深みを与えた。仕事を完璧に近くやり切った。大胆にプレーし、サイドを支配した。イエローカードを持っていたため後半途中交代した。

アラウホ ― 威圧

完璧なポジショニング、ボール奪取も物凄く早かった。守備に法則を与え、大胆だった。ディフェンスラインの守護神となった。素晴らしいパフォーマンス。

ラングレ ― 有能

最後まで集中し、落ち着いたパフォーマンスを披露したフランス人CB。彼を超えるのは難しかった。

アルバ ― 萎縮した

相棒のメッシの不在を惜しんだ。左サイドで相手の背後を突く動きが無かった。

デヨング ― すべてに関与

上下走り回り、攻撃で違いを作り、新しい役割である前線への飛び出しで先制点を決めた。攻撃のキーマンになった。その後、ハンドをPK取られ失点、その直後にも決定機を迎え2点目を決めれたが最後の最後で決めきれず。PK戦ではシュートをポストに当ててしまった。

ブスケッツ ― リスクを犯した

前半にボールロストから相手に決定機を与えた。リスクを過度に犯すプレーが多かった。ただ守備時は良く踏ん張った。

ペドリ ― 壮麗

完璧にスペースを利用した。メッシ不在で攻撃の指揮が落ちる中、トップ下としてソシエダを支配するためにチームの薬となった。

グリーズマン ― アシスト

かなり監視され、輝くのに苦しんだが、すばらしいセンターリングでデヨングの先制点をアシストした。メッシ不在の中、チームを引っ張るリーダーシップを欠いた。後半良いシュートはあったが決めきれず、PKも外した。

ブライトバイテ ― ガッツ

プレー関与は多くはなかったが、戦い、守備面で貢献した。

デンベレ ― 貫いた

左右のサイドでチャンスを作った。決定力を欠いたが、チャンスを一番作った。PKも成功。

―交代出場―

トゥリンカオ ― 冷めている

ブライトバイテに変わって出場。試合に入りきれなかった。

ピアニッチ ― 解決に役立つ

延長戦を戦い、エネルギーを注入した。相手のゴールチャンスを一つ阻止し、PKも決めた。

リキ・プッジ ― すばらしい

ペドリに変わって延長戦から出場。ボールを早く動かした。若いにも関わらず腹をくくり責任を持って最後のPKを沈め、試合を決めた。

ジュニオール ― 遅れて出た

ミンゲサがイエローカードを持っていたため、出場。プレー時間はほとんどなかった。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事