ムンド・デポルティーボ紙のFCバルセロナ選手批評: ラ・リーガ第23節 vs アラベス
スポンサーリンク

ラ・リーガ第23節 VS アラベス

FCバルセロナ選手批評グッブー

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

El 1×1 del Barça ante el Alavés

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星ベストプレーヤー星

メッシ ― 手に負えない

本来のメッシを超えるのは、怒ったメッシだ。それを裏付ける2つの証拠がある:気奇妙にもVARにゴールを取り消された後、すぐに決めた先制ゴラッソと、それと相手GKとの1対1のチャンスを逃した直後にまたもゴラッソを決めたことだ。5得点の元となった天才的な独創性をチームに与え、試合を完璧終えた。

―スタメンー

テア・シュテーゲン ― 処刑された人

またも苦しむ。仲間が相手にプレゼントし、失点0の就寝を阻まれてしまった。

ミンゲサ ― 役に立つ

セルジ・ロベルトとデストの離脱の影響でトップチームでは本職のCBよりも右SBでのプレーの方が多い。早く素晴らしいクロスで1-0に元になった。

デ・ヨング ― 解決役

人員不足により、違う役割をした。後ろでは勝ちより、負けがあるイメージだが、現状はこの役割を強いられる。

ラングレ ― 回復

アラベス相手だと良く見せる程度だったにも関わらず、ウムティティのミスの影響もあり、ラングレが恋しく思えた。

ジュニオール ― 幸せ

PSG戦に向けてアルバを休めせるために先発出場。終了間際にゴールを決めて試合を終えた。恐らく彼のキャリアの中でもっとも簡単に決めただろう。

ブスケッツ ― 一定

デ・ヨングがCBに入ったため、中盤にベテランが必要不可欠だった。グリーズマンへの素晴らしいパスをし、ゴールを生み出したが、奇妙にも取消されたしまった。2-0になった後、交代し、PSG戦に備えるため、必要な休養を取った。

イライクス ― 昇進

クーマンの所有するカンテラーノはカンプノウデビューで魂を見せた。1-0の場面のパスで監督にまたもアピールした。失点に繋がったパスミスは残念だった。値しないが、彼のデビュー戦の記憶に残るだろう。

リキ・プッジ ― 公正

プランAとしてよりも、プランBとしての出場がベストに見える。前半いつもどおり、彼の得意な時間帯の後半は興味深さを見せた。

グリーズマン ― 相手にゴールを阻まれた。チャンスは数回あったが、スコアラーの感覚がなかった。5-1のゴールアシストが彼を笑顔で帰宅させた。

トゥリンカオ ― ゴールゲッター

ここ数か月間かれから遠ざかっていたゴールが7日間で彼にすべて来ている。ベティス戦で強烈なシュートを決めた彼にクーマンは機会を与え、彼は2点を決めた。3点目も決めたが取り消しになった。

―交代出場―

ウムティティ ― 耐える

失点に少し絡んだものの、クーマンは明らかに彼をミスから立ち直らせたかった。

ペドリ ― 芸術的

彼の投入で試合の主導権を取り戻し心安まった。トゥリンカオが押し込んだメッシの抜け出しからのシュートを非凡なパスでアシスト。あれがアシストして数えられないことは馬鹿げている。

ピアニッチ ― 落ち着いた

試合終盤穏やかな時に出場した。

デスト ― 再出現

クーマンは次に迫る試合のために彼に最後の数分プレーして活動時間を与えた。

デンベレ ― 弁解できる

ウォーミングアップよりも汗をかかなかった。PSG戦フレッシュな状態で挑めるだろう。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事