クーマンはどのシステムで国王杯決勝に挑むのか..
スポンサーリンク

国王杯決勝に向けたクーマンの迷い

引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Las dudas de Koeman para la final de Copa


同監督は、良い結果を出している3-5-2のシステムか、クラシックな4-3-3のシステムに賭けるか決断しなければならない。

スタメン復帰の可能性があるピケが入れば、ミンゲサはベンチスタートか、そしてグリーズマンがスタメン入りするかどうかはまだ分からず

今週の4月17日にアスレチック・ビルバオと国王杯決勝戦を戦うロナルド・クーマンの重要な悩みは、スターティングメンバーを左右するスターティングメンバーをどうするかだ。ここ最近、素晴らしい結果を残している3-5-2のシステムに賭け続けるのか、それともクラシックな4-3-3のシステムに賭けるか、先発メンバーはそれ次第になる。なぜならシステムによってグリーズマンが出場するか否かの違いがあるからだ。

クーマンにとって良いニュースはGK以外の全てのディフェンダーがプレー可能であることだ。それは今シーズン初めてのことだ。最後の離脱者はマドリードにも帯同したピケと、同じく最近復帰して帯同し、数分プレーしたセルジ・ロベルトだ。

もし、3バックを起用するのであれば、テア・シュテーゲンを守るのはアラウホ、ピケ、そしてラングレになるだろう。ミンゲサは犠牲になるだろう。ウイングバックはデストアルバ。中盤は大きな変動はなく、ブスケッツ、デ・ヨング、そしてペドリ。前線のツートップにはデンベレメッシ。もし、元ドルトムント選手がベンチの場合、グリーズマンがプレーするだろう。

メッシーデンベレーグリーズマンを起用する攻撃的な3トップのシステムに賭けるのであれば、CBはピケラングレが起用されるだろう。アラウホがピケを上回る可能性は低いだろう。その他は同じになるだろう。このレベルでオランダ人監督はローテーション起用しないだろう。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事