大型トレード移籍する上でバルサが絶対にしてはならないコトとは…
スポンサーリンク

グリーズマンがアトレティコに移籍しても、バルサは彼の給料の一部を払わないだろう

引用元:ムンド・デポルティーボ紙

El Barça no pagaría parte del sueldo de Griezmann si va al Atlético

アスルグラナのクラブはルイス・スアレスようなことが起こるのはもう望まない

クレの優先事項はサラリーの負担の軽減だが、給料負担を続けなければならないトレード移籍はありえないだろう

FCバルセロナアトレティコ・マドリードアントワーヌ・グリーズマンサウール・ニゲスのトレード移籍交渉は進行中だが、アスルグラナのクラブは何もプレゼントする気はない。カンプノウのクラブが同フランス人FWを放出し、サラリーの負担を軽減させなければならないの明確だ。レオ・メッシとの契約は合意に至っているが、コルチョネロに移籍する選手の給料を負担するつもりはバルセロナニスタに全くない。それは2014年、そして昨夏の2019年にルイス・スアレスが移籍した時のようなことだ。

バルサはウルグアイ人を放出することを望んだが、アトレティコは「ルイス」の高額な年俸の全てを抱えることはできなかったため、クレがそれを払っていた。バルセロナグリーズマンがロヒブランコに復帰し、チームで成功を収めることを恐れてはいないが、サラリーを負担しながら、現リーガチャンピオンであり、直接的なライバルであるアトレティコへの移籍は必ず容認しないだろう。

これに関してはバルサの姿勢は明確であり、採算を合わせるために他のアトレティコの選手もこのオペレーションに含まれるかもしれない。

 

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事