名手サウール・ニゲスについて知っておくべきコト『7つ』
スポンサーリンク

クーマンが見るサウール・ニゲスの7つの長所

 

引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Las siete virtudes que Koeman busca en Saúl Ñíguez

バルサとアトレティコはグリーズマンとのトレード移籍で合意に達するかもしれない

「もしワイナルドゥムじゃなければ、誰?」と誰しもが思っていたが、数日も経たないうちにMD紙はバルサとアトレティコがサウールとグリーズマンのトレード移籍が合意に近づいており、それぞれの監督も前向きに捉えている。

そこでクーマンが考えるアトレティコの同MFの7つの良い点はなんなのかを見てみよう:

1、バルサはフレッシュな動ける選手を探しており、サウールは疲れ知らずの運動量を持つ選手だ。全ての試合でプレー出来る。(シメオネとは7年間で毎年48試合でプレー)そして、常に最後の最後(95分)まで走り続ける

2、ぺドリイライクス、リキ・プッジにはない経験値があり、26歳にして既に9シーズンリーガで戦っており、キャリア全盛期の時期にある。

3、相手のゴールエリアまで侵入することができ、ゴールを決めることが出来る中盤の選手としてアトレティコで43ゴールをマーク。

4、彼は左利き。ブスケッツ、ぺドリ、デ・ヨングなど、これまで中盤の先発選手には右利きしかいなかった。

5、彼のプレッシャーは常に前に出るスタイルであるため、クーマンが好んでいる。ピアニッチは後ろばかりにいっていしまう癖があった。

6、今シーズンの出来が悪く、ユーロのメンバーにも選ばれなかったこととで、また重要な選手になるための意欲を持っている。カタールW杯でメンバー入りを目指している。

7、ほとんど怪我をしない。良いフィジカルコンディション、野菜中心の食事を摂取することでトップの状態でいれるための助けになっている。

 

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事