FCバルセロナが契約更新を望む、2022年で契約満了となるデンベレの近い将来
スポンサーリンク

契約更新に前向きなデンベレ

~同フランス人はクーマンの下でバルサの中で重要性を感じ、残留する気になっている。だが、まずはクラブが彼に提示するオファーを聞くことを望んでいる~

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し ※リンク内動画あり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オスマン・デンベレ(23歳)はアスルグラナとしての4シーズン目で甘いシーズンをバルサで過ごしている。2017年に2022年までの5年契約を交わした。この状況を得て、アスルグラナのクラブは彼をどうするのかを決断下す時に来ている。:早急にフランス人ウインガーと契約更
新を達成するか、でなければ、今夏に売却して利益を得るために移籍市場に出すべきだ。2022年に24歳になり、まだまだ将来のある彼をフリーで移籍させるのはあってはならない。バルサデンベレがオファーを聞くべきだと思っている。

そのこれまでのバックグランドを考えれば同選手は減法の契約更新の提案に乗るだろう。なぜならバルサはここ数シーズン我慢強く待ち、4シーズン目にしてようやくボルシア・ドルトムントに支払った移籍金に見合うレベルまで達したからだ。:固定額として獲得移籍金1億500万ユーロに、最高4000万ユーロのオプション付き、そのオプションによる支払いも、3000万ユーロに達している。

同選手がバルサに残留する気になっているのには様々な理由がある。まずは同選手が現監督ロナルド・クーマンにとって絶対的な戦力であること、更にシステム変更で主役としての役割を彼に与えてもらっていること、それと高額な移籍金を支払い獲得したもう一人の名手、アントワーヌ・グリーズマンを抑えてプレーしていることだ。デンベレはバルサが提示するサラリーと計画するプロジェクトについて聞きたがっている。

デンベレの契約更新は戦略によるものだ。なぜならジョアン・ラポルタ会長バルサは彼と長期契約をし、パンデミアによる経済難を脱した後に必要に応じて将来、同選手を売却し、移籍市場で利益を得ることも計画している。

今シーズン、デンベレが持つことが出来ているフレッシュさと継続性は、常にケガで問題を抱えていた彼を過去のものにしたのは明確だ。彼は移籍市場で高い人気を持っているアスルグラナの選手の一人だ。

バルサの気持ちはデンベレとの契約更新は将来のために重要であることだ。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事