9ヶ月にぶりにピッチに戻ってきたコウチーニョへの『批判と期待』
スポンサーリンク

自身のフットボールでブーイングを拍手に変えたコウチーニョ

MD翻訳記事

Coutinho convirtió los pitos en aplausos con su fútbol

バイエルン戦で才能を示した同ブラジルはチームにとって重要な補強になるかもしれない

バルサのチャンピオンズリーグデビューは残念な結果に終わったが、ポジティブなことが3つあった。それはバルデのトップチームでの公式戦デビューとガビのヨーロッパ大会デビュー、そしてコウチーニョの復帰だ。2020年末に半月板の内側靭帯断裂をし、手術を受け、9ヶ月ぶりにブラジル人は再びピッチに戻ってきた。02の状況の中、66分に途中出場したが、彼に対して多くの意見があった。ほとんどの観客は以前から期待に応えることが出来ていない彼にブーイングを浴びせた。

いずれにせよ、コウチーニョはピッチに入り、他の選手よりも多くにことをしてみせた。出場するまでの1時間の間は誰も緩急をつけたドリブル突破で2人をかわしたり、インテリジェンスのあるスペースへのパスを出したり、シュートを打つことが出来ていなかった。彼のシュートは枠から外れはしたものの、サポーターは拍手を送った。なぜなら彼のピッチ上での才能は並外れていると認めたからだ。多くの人が彼とグリーズマンを比較したが、両者の特徴は全く違う。メッシがいないバルサで、コウチーニョが万全な状態であれば、チームは彼の違いを作り出すプレーを必要とするだろう。現在バルサは崖っぷちの状態だ。もしバルサの歴史上最も高額な移籍金で加入したコウチーニョが才能とクラスを披露することが出来なければ、崩壊することになるだろう。今シーズン、彼が復帰したことは良い補強になるだろう。

 

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事