ムンド・デポルティーボ紙FCバルセロナ選手批評: UCLベスト16 vs PSG
スポンサーリンク

星UEFAチャンピオンズリーグ VS PSG星

FCバルセロナ選手批評グッブー

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

El 1×1 del Barça ante el PSG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星ベストプレーヤー星

ペドリ ― 何かが起こっている間に…

試合で何かが起こっている中で、ペドリはまずまずの出来だった。0-0の時、グリーズマンにゴールに近づくパスを送った。それに自身のミスでPSGにゴールチャンスを与えてしまったが、自分で取り返し、責任を示した。その後は他と同じようになった。

クーマン監督 ― 失望した

このバルサはヨーロッパの舞台で戦えない。それを認識したら、これ以上の屈辱はないだろう。

―スタメンー

テア・シュテーゲン ― ゴールを決められた

2,3つ重要なセーブをしたが、守備面でも足元の技術の面でも安全性を感じなかった。

デスト ― かなり苦しむ

前半、全員が知っているように警戒するべき相手を抑えるために我慢した。後半、エムバペにやられた。時々、後ろのスペースも突かれた。交代に終わった。

ピケ ― 乗り越える

彼の復帰は大胆だった。事情が事情だが、1-1になった場面では緊張感が足りなかった。クーマンは彼のフル出場を回避した。

ラングレ ― 茫然

エムバペに抜かれ1-1になった場面では明らかな力不足。立ち直ることが出来るか。

アルバ ― 消極的

チームに深みを与えることが出来なかった。その後、他同様完全に崩れた。

ブスケッツ ― 突破された

PSGの優れたフィジカルと戦術が彼を上回った。厳しい試合状態での交代時に浮かべたこわばった表情がすべてを語っていた。

デ・ヨング ― PK獲得

オランダ人のどんな姿を見るはずだった?極めて重要な選手?疑わしかった。クルザワのファールを誘発し、PKを獲得した。だが彼の貧相なパフォーマンスは大目に見ることは出来ない。

デンベレ ― 写し出された

ひとつ非常にもったいないプレーがあった。ほぼPKのような場面だったが、外した。実質それがやったことの全てだ。

メッシ ― 低下

後半に起こったことは思い出したくもないだろう。だが、前半は彼らしい試合をした。ゴールに近づくプレーもあった自身のパスからデ・ヨングがPKを獲得。そしてほぼゴールだったデンベレへのアシストもあった。ほぼ勝利出来たが、確実に敗戦した。後半、消えた。一方でエムバペはPSGを勝利に導いた。

グリーズマン ― 外す

ハットトリックを決めれるだけの数のチャンスがあったが、外した。チャンピオンズリーグでそれは痛い。

―交代出場―

ミンゲサ ― 献身的

クーマンに投入された時には嵐が完全に来ていた。

リキ・プッジ ― 過ぎた

出場したタイミングがタイミングだった。もう既に試合は決まっていた。

トゥリンカオ ― 悔しい

少なくとも個人技でプライドを見せた。他とは対照的に際立ち、目立った。

ピアニッチ ― 遅れて出場

試合を観ての通り、テア・シュテーゲンの方に試合が寄っていたため、出場するなら確実にもっと前の段階でFWの誰かと変えるべきだった。

ブライトバイテ ― 取るに足らない

出場した時にはもう試合が終わっていた。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事