利益が必要なバルサが断固拒否した3つのビッグオファー
スポンサーリンク

バルサは3人の有望株に届いたビッグオファーを拒否した。

~経済難にも関わらず、アスルグラナのクラブはアンス・ファティ、ペドリ、そしてトゥリンカオへの数億万の来夏のオファーを拒否した~

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年、約120億円もの赤字のFCバルセロナ、そして今年は約260億円の赤字が予想される。昨季リスボンバイエルンに2-8で大敗し、12年ぶりに無冠で終わった夏の頃、バルサには3人の有望株を売却すれば、クラブの経済難を解決できる機会があった。

トップチームの選手として初めてのシーズンをスタートさせたアンス・ファティバルサ代表での彼の急襲はファン達にとって唯一の喜びだった。巨大なクラブはすぐに動いた。実際マンチェスター・ユナイテッドがバルサに約200億円のオファーを提示した。しかし前会長ジョセップ・マリア・バルトメウはそれを拒否した。なぜなら彼がバルサの将来だと認識があったからだ。

そして、実はペドリトゥリンカオ獲得後も同じことが起きた、彼らがまだバルサのユニフォームを着る前に、前所属チーム(ラス・パルマスプラガ)での活躍が認められ彼らの市場価格は非常に高かった。もしバルサが彼らを売却に出していたら、投資した額の元を取れるだけではなく、倍の額を手に入れること出来た。

ペドリの場合、リスボンでバルサを処刑したバイエルン・ミュンヘンが約60億円のオファーを提示したことがあった。その時バルサはラス・パルマスに約7億円しか支払っておらず、オプションの追加費用は未払いの状態だった。

トゥリンカオに関しては、彼の代理人であるジョルジュ・メンデスがアスルグラナのクラブに約80億円のオファーがあると知らせていた。この額はバルサブラガに支払った額のちょうど2倍だ。

利益が必要にも関わらず、バルサははっきりとこの3選手がチームの未来だと考えていたから、彼らに来たすべてのオファーを拒否した。アンス・ファティは怪我から無事回復したら、バルサの攻撃を引っ張ってくれることを期待できる。ペドリはもう既に替えの利かない主力だ。そしてトゥリンカオロナルド・クーマンの信頼を勝ち取り、前線の強力なピースになっている。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事