ハーランド獲得を阻む最も大きな障害は、”代理人”ミーノ・ライオラ
スポンサーリンク

ハーランドはライオラの許しを得て、未来のクラブを選ぶだろう

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミーノ・ライオラは自身の契約選手を億万長者にしている代理人だ。

だが、一方で、

お金を優先的に考え過ぎてなければ、ポグバイブラヒモビッチはプロ選手として、もっと良いキャリアを歩めたのではないか、という受け止め方もある。

バルサは2年前、この狡猾な男とマタイス・デ・リフトにしてやられた。最初のミーティングでは、同CBはバルサでプレーしたいと言った。そして2度目のミーティングの時には、既にライオラデ・リフトを納得させていた。結果、一番の大金を用意したユベントスと契約した。現在、そこでデ・リフトは不動の選手になることが出来ていない。一方、ここにいるデ・ヨングはPSGの大金を前にしても、自身の直感を貫き、今ではバルサの舵を取っており、ワールドクラスのクラック(スーパーな選手)となっている。

アーリング・ハーランドライオラのここ最近の宝石だ。ドルトムントは同選手を1億5000万ユーロで売却する準備をしている。もしライオラが一番お金を払うクラブを選べば、

チェルシー、もしくはマドリードがこの戦車を手に入れることができるだろう。マドリードのフロレンティーノ会長は銀河系を作るために数年間、貯金をしている。

チェルシーのアブラモビッチは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したら、獲得に動くと、トゥヘル監督と約束した。チェルシーなのか?

そして、10年間活躍できるゴールゲッターを必要としているバルサはどうなのか?

しかし、バルサはメッシとの相乗効果に疑問を持つ以前に、移籍金、そしてライオラが要求する同選手への年俸すらも支払うことが出来ない。更にバイエルンも諦めていない。

2014年に成功したレバンドフスキのオペレーションをハーランドで再現できるかもしれない。バイエルンには完璧にハマるだろう。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事