数クラブが狙う今季トップ昇格したミンゲサにバルサが契約延長オファー
スポンサーリンク

数クラブが見張っているミンゲサはバルサと契約更新間近

~バルサは2シーズン後の5月31日まで同選手と片務契約を望む~

~まだ接触はないが、2年更新の条件は既に双方合意済み~

~ベティス、サンプドリア、そしてブライトンが来シーズンに向けて獲得の可能性を探る~

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オスカル・ミンゲサは完全にトップチームの選手だ。ロナルド・クーマンは彼をチームの一員として見ている。4つコンペティションで29試合、平均以上の合計2100分プレーしている。2021年6月で契約満了になる同選手に対し、バルサは2シーズンの片務契約延長を準備している。が、まずは新しい重役たちの確認が必要だ。だからまだコンタクトは取っていない模様だ。

勝利したウエスカ戦でヘディングゴールを決めた同CBは残留を望んでおり、カンプノウ側は2023年5月31日までの2シーズンの契約延長を片務というオプション付きで準備している。クラブ側はこの契約内容に満場一致のようだ。新スポーツ部門は間違いなく行うだろう。同CBはトップチームでの出場試合数が15試合を超え、既に年俸をアップさせている。

ラ・マシア産の彼は、クラブの財産だ。残るかどうかはトップチームの監督次第だ。数々のクラブからバルサの重役にオスカル・ミンゲサ獲得の打診があるそうだ。ベティスは彼のユーティリティーな能力に目を付けている。ベティスの他にもサンプドリアブライトンも目を光らせている。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事