ピアニッチ放出を急ぐバルサと急いでいないユベントス
スポンサーリンク

ピアニッチがユベントスに戻るために給料減額を承諾か

引用元:ムンド・デポルティーボ紙

ボスニア人MFはイタリア帰還を望んでおり、「La Gazzetta dello Sport」によると、オペレーションを簡易化するために給料減額を受け入れる意向でいるようだ。

ミラレム・ピアニッチ(31歳)は引き続きバルサのプレシーズンに合流し、今後の進展を持っている、イタリアからの最新情報によると、彼のセリエA復帰が近づくかもしれないとのことだ。

同ボスニア人は他の選手を求めるロナルド・クーマンの構想に入っていないと通達されたばかりだ。そして同MFはユベントスに復帰するために給料の減額(現在の年俸800万ユーロ)を受け入れる意向のようだ。イタリア紙「La Gazzetta dello Sport」によると、イタリアのクラブはピアニッチが要求額を下げるのを前提での獲得には継続して興味を示しているようだ。

ピアニッチマッシミリアーノ・アッレグリ監督のいるユベントスに復帰することを求めているが、ユーベの優先的な考えはマヌエル・ロカッテッリの獲得を試みることであるため、現バルサのボスニア人MFの獲得を急いでいないようだ。

2024年まで契約があるピアニッチはサラリー負担の軽減を望むバルサに放出候補とされており、クラブ側も彼の移籍を簡易化するためにフリーでの移籍を許可したが、同MFは契約時に設定された給料を受け取ることを望んでいる。

 

 

 

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事