『急展開』は有り得るのか、元カンテラーノの古巣復帰
スポンサーリンク

既に噂されているアダマ↔︎トゥリンカオもトレード移籍


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Ya suena un posible trueque Trincao-Adama


アスルグラナの元カンテラの発言はSNSで拡散され、スペインでトゥリンカオの名がトレンドとして急上昇

FCバルセロナ元カンテラーノであり、現在ウォルバーハンプトンの選手であるアダマ・トラオレが今週の月曜に行われた「RAC1」のインタビューで、「バルセロナは紛れもなくオレの家だ。そこで10年間育った。復帰については代理人と話さないといけないことだし、バルサが何も求めているかを知らないといけない。」と、発言し、世間を驚かせた。

スペイン代表アタッカーの言葉はすぐにFCバルセロナのサポーターやサッカーファンたちに気づかれ、SNS上で多くのコメントが寄せられ、その中にトレード要員としてトゥリンカオの名も挙がり、更に、それがスペイン国内でのトレンドとなった。ポルトガル人の名が挙がったが、ラ・マシア出身のアダマのコメントもトレードの噂もそれ以上でも以下でもないものだ。

ラポルタ会長が以前「Vanguardia」で、今夏は状況的にトレード移籍の夏になると言っていた。ジグゾーパズルのピースとしては完璧かもしれない。そうなると、それをうまく解決できそうなトゥリンカオの代理人であり、ウルブスを良い関係を保っているジョルジュ・メンデスが主役になってくるかもしれない。

ラポルタとも良い関係を保っているメンデスにとってこのオペレーションは大金が動きづらい今夏の移籍市場で多く使われそうだ。そして、この大仕事になりそうなトレード移籍に力を使うかもしれない。この案件では、移籍金は動かないが、交渉人になるポルトガル人スーパーエージェントに支払われる仲介料は発生するだろう。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事