言葉にして『伝える』コトの大切さ
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

先日の18日に24歳の誕生日を迎えました。

僕のSNSの投稿にメッセージをくれた方々ありがとうございました。とても嬉しかったです。普段何気ない事や、ちょっとした一言を躊躇って口にして来なかった事が多々ありましたが、今回の自分の誕生日で多くのメッセージをもらい、その一言で幸せを感じる事ができました。

 

誕生日当日、僕がサポートしている第一監督からチームの保護者のグループに1通のメッセージが入りました。

 

「今日は私の右腕の誕生日です。彼はすべてのこと、特に試合の分析で私を大いに助けてくれています。 グランドで彼に会ったら、彼を祝福してください! おめでとうエイジ!!」

 

このメッセージの後に、多くの保護者からお祝いのメッセージをもらい、中には日本語を調べてくれて伝えてくれた方もいました。そしてグランドでは子供達が駆け寄って来てくれて、僕の誕生日を祝福してくれました。こうやって言葉にして伝えることで、救われたり喜びを感じたりすることができる事を思い出す事ができました。大人になるにつれて、照れ臭く言えなかった一言行動が多くあります。でもたったその一言を伝えるだけで、周りの人達を幸せに巻き込む事ができるのです。

 

「幸せになるには、まずは誰かに与えること」

 

誰かの為になる言動をこれからもできるように日々生活していきたいと思います。

 

P.S. 今週は選手と監督の両方で負けてしまいました。もう一度自分の習慣を見直し、積み上げていきたいと思います。

Photo by Alex Block on Unsplash

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事