バルサが期待するジョルディ・アルバの後継者、アレハンドロ・バルデの進化
スポンサーリンク

バルサ、左SBはバルデに期待することを決断


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

El Barça decide apostar por Balde para el lateral izquierdo


アスルグラナのクラブは2021−2022シーズンの補強をせず、カンテラを信頼する

ロナルド・クーマンと話し、決断はもう下された。アレハンドロ・バルデは、バルサが来シーズンのプロジェクトに左SBとして期待をしている選手だ。パンデミアによる経済的問題を抱えるアスルグラナのクラブは今後も引き続き自分たちの家の選手らに期待していくだろう。同選手がジョルディ・アルバの後釜になることを期待している。今シーズン、オランダ人監督の構想に入っていなかったジュニオール・フィリポの売却をし、若い同選手だはあるが、ジョルディ・アルバとポジションを共有させる考えだ。

クーマンはバルデがトップチームと活動することに賛成しており、ムンド・デポルティーボが得た情報によると、クラブはバルデを大御所たちと共にプレシーズンに帯同させる意向のようだ。同選手の評価に値するバルサBでのパフォーマンスはクラブの強化部を納得させ、アンス・ファティぺドリと同じようなステップアップを踏むように見える。

バルデアルバの後継者とも言われている。同選手は最近、代理人ジュルジ・メンデスと契約した、バルサ内部は同代理人と2022年で満了する契約の延長に向けての話し合いの開始を待っている。バルサの考えは2022年6月までバルサBで引き続きプレーしてもらい、テンポを高めることだ。カンプノウのクラブはバレンシアのガヤ獲得を検討したことはあるが、4000万ユーロにも及ぶ移籍金を払うべきではない。バルサフットボールディレクターのマテウ・アレマニーはバレンシアとの強いコネクションがあるが、クラブにそのつもりはない。しかしながらバレンシアの左SBもまだクラブと契約更新に至っていない。

2019年、FCバルセロナとベティスはジュニオール・フィリポの移籍に1800万ユーロと+1200万ユーロの出来高で合意した。同選手はアスルグラナのクラブとの2024年6月30日までの5年契約、契約解除金2億ユーロにサインした。出来高の条件は1200万ユーロは700万と500万の2回に分けられた。最初の700万は一定の試合数に出場したら支払う条件だ。今のジュニオールの状況のように、多くの試合に出場しなければ、バルサは最初の700万を支払わない。が、売却した場合、その移籍金の20%がベティスに支払われるだろう。クラブは売却先を探しており、セリエAが有力な候補だ。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事