リーガ制覇への道が開けた今、次戦からバルサが気を付けるべき「累積警告問題」
スポンサーリンク

累積警告に注意:メッシ、デ・ヨング、グリーズマン、そしてミンゲサは要注意

累積警告の恐れがある4人のアスルグラナの選手たち、次戦のグラナダ戦でイエローカードを貰うとメスタージャでのバレンシア戦に出場停止に


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Alerta amarilla: Messi, De Jong, Griezmann y Mingueza, amenazados


FCバルセロナはリーガタイトル獲得に向け、アトレティコ、レアル・マドリード、そしてセビージャを抑え、絶好のポジション取りをした。ロナルド・クーマンのチームはアトレティコとの直接対決に引き分けても残りの5試合全てに勝利すれば優勝することが出来る。でもそのためには、累積警告との戦いに勝たなければならない。

主力4人が4枚のイエローカードを持っており、あと1枚受け、5枚になってしまうと1試合の出場停止処分を科されてしまう。その4人はメッシ、デ・ヨング、グリーズマン、そしてミンゲサだ。次戦、木曜日ののグラナダ戦で警告を受けると日曜日にメスタージャで行われるバレンシア戦に出場停止になってしまう。

バレンシアとの戦いを終えた後には、カンプノウでアトレティコ戦が待っている。そしてリーガの締める3試合はレバンテ(アウェイ)、セルタ(ホーム)、そしてエイバル(アウェイ)となる。

ジョルディ・アルバとブスケッツも心配

この4人は要注意だ。しかしジョルディ・アルバとブスケッツも注意しなければならい。この2人は8枚のイエローカードをこれまで受けており、後2枚受けてしまうと出場停止になるため気をつけるべきだと考えるべきだろう。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事