まだ決まっていないクーマンの『近い将来』
スポンサーリンク

バルサがクーマンに15日間待つよう頼む。理由は監督を探すため


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

El Barça pide 15 días a Koeman porque busca entrenador


監督探しが順調に行かず、合意出来なかった場合のみ、クーマンはクレの監督として残留するだろう

未だに来シーズンの監督が決まっていないバルサ。昨日のオフィスでの会議でも、ヴィア・ヴェネト(バルセロナ市内の高級レストラン)でのランチ同様、クーマンの今後がはっきりしないという結果に終わった。ラポルタは候補者との交渉期間として15日間待つように頼んだ。スペインテレビ局TV3は、クーマンは、バルサが候補者である監督と合意に至らなかった場合のみ、クレの監督として残留するだろう。と報道した。

お互い良い関係のイメージはあるが、クーマンはクラブのその戦略に対して、時間を稼ぎをしているという感覚と2番手と思われていると感じている。そして、そのやり口は、クラブでの彼の歴史的な経歴に相応しくないと思っている。

スポーツ部門内部では彼の残留に賭けてみようとしたことがあった。実際に、ウェンブリーのヒーロー(クーマン)が推薦した、ワイナルドゥム獲得交渉にも動いている。身近な例では、一昨日の午前、ラポルタがアレマニーユステと共に現リバプールの選手の代理人と弁護士と話し合いをしている。そんなこんなで、ハードで激高シーズンを終えたクーマンは近い将来がどうなるかわからないまま、バカンスへと向かうこととなったが、行使できる契約期間1年をまだ残している。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事