クーマン解任に伴いかかってしまう『コスト』
スポンサーリンク

クーマンを解任すれば、選手獲得位のコストが掛かってしまう


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Prescindir de Koeman cuesta como un fichaje


スペインラジオ局「RAC1」によると、今オランダ人監督を解任するには約1200万ユーロ掛かる

契約を残している1年分の給料に加えて、今シーズン延期した未払い分も支払わなければならない

ロナルド・クーマンジョセップ・マリア・バルトメウ前会長と2年の契約にサインをした。それは彼の最後の仕事となった。そして今、ジョアン・ラポルタ現会長は同オランダ人監督を解任にすると、それに伴い、相当な以上、選手補強コストと同じくらいの支払いをしなければならないことを知った。「RAC1」のクーマンの契約内容を知る者たちからの情報によると、同オランダ人監督と契約解除をするためには約1200万ユーロの支払いが必要だそうだ。

今回のケースでは、契約を残している1年分だけを支払えばいいだけではなく、ここ数ヶ月間、クラブが経済的問題で支払いを延期している今シーズンの給料も支払わなければならない。ただ、クラブが延期の提案をした時、一番初めにそれを受け入れたのはクーマンだった。

ロナルド・クーマンの年俸は1シーズンで800~900万ユーロほどで、アスルグラナの監督は今シーズンのサラリーの42,9%を延期されている状況だ。ということは、未払いの300~400万ユーロも、契約を残している1年分に足して払わなければならないということだ。

バルサはオランダ代表監督だったクーマンを監督にするために、契約解除金としてオランダサッカー協会に450万ユーロを支払わなければならなかった。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事