ムンド・デポルティーボ紙FCバルセロナ選手批評: ラ・リーガ第25節 vs セビージャ
スポンサーリンク

ラ・リーガ第25節 VS セビージャ

FCバルセロナ選手批評グッブー

引用元:ムンド・デポルティーボ紙下差し下差し

星ベストプレーヤー星

メッシ ― チームを引っ張った名人、メッシ

試合のシナリオを書いた。0-1にしたデンベレへのパスだけではなく、強烈な個人プレーで0-2とし、とどめを刺した。セビージャという相性の良い相手に、自身の精神でチームを駆り立てた。ほぼ完ぺきな1本惜しいシュートがあった。ジョアン・ジョーダンの彼へのファールを含め、セビージャはもっと前からカードを受けるに値した。

クーマン監督 ―

バルサにとって完璧な午後になった。監督にとってもそうなった。クーマンの序盤の計画、3バックとデンベレのFW起用は的中した。そしてペドリが負傷交代するハプニングもあったが、大胆にもイライクスを起用し、その交代も的中した。

―スタメンー

テア・シュテーゲン ― 落ち着き

唯一の驚きはウォーミングアップで行った。指を痛めたことだ。それ以外では、失点をしたが、運よく取り消しになったことだ。

ミンゲサ ― 論証

先発出場で完璧な姿勢で相手を崩し、組み立てをし、戦術的役割を徹底的に果たした。

ピケ ― 親方

クレの後方の先輩は、クーマンが残り30分残ったとこで彼を交代するまで、イメージ通りに、心地よくプレーした。

ラングレ ― 増加した

クーマンが保証人となり、ビッグマッチで出場権を与えた。先制点の起点となるボール奪取をした。自信の自尊心をこれ以上傷つけないパフォーマンスを披露した。

デスト ― 天職

システムが彼の攻撃参加を引き立て、それを実践した。頻繁に攻撃参加し、ポスト直撃のシュートもあった。

デ・ヨング ― 野心家

後ろのサポートの気にせず、攻撃参加できるポジションに組み込まれた。素晴らしい展開力を発揮した、特に補佐役として、ゴールをチャンスで後ろから突入するタイミングを嗅ぎ回った。

ブスケッツ - 守られた

ピッチの中央で落ち着いてプレーし、セビージャのフィジカルを無効化した。連携した守備から0-1に関与し、彼の真骨頂である冷静なパフォーマンスを披露した。

ペドリ ― 流動的

5人目のMFでありながら、3人目のFWというアイデアでプレー。ビルドアップの部分でセビージャの守備計画を混乱させた。科学的な試合を遂行するはずだったが、負傷し、チームにとって夕方の最悪のニュースとなった。

ジョルディ・アルバ ― 賢い

完璧に試合の流れを読み、すべてを臨機応変に必要な時に実行した。後方に残ったり、攻撃参加をしたり、空間を作るための前方へのダイアゴナルの動きとカバーリングのための後方へのダイアゴナルの動きをした。

デンベレ - 鋭いソード

今までで1番集中していた。されに彼のポジションは国王杯で積極的に攻撃参加をしていたコウンデを制止させた。ボールを受けた時にチームに多くをもたらした。前方にスペースを見つけ、抜け出し、GKとの1対1を制し、ゴールを決めた。メッシへのプレゼントパスもあったが、メッシが外した。

―交代出場―

アラウホ ― 不運

プレー時間を与えたかったクーマンだが、ピッチ上で耐えたのは14分のみだった。またもケガ。

イライクス ― 円熟

大きく成長している彼は、与えられた20分間で最高のクラスを披露し、期待に応えた。0-2をアシストした。トップチームで既に2ゴールを生み出している。

ブライトバイテ ― 報われた

デンベレと交代し、出場した。同じ役割を与えられた。全力を尽くした。グリーズマンではなく、彼が起用されたのは、日々、チームに尽くした彼が報われたことだ。

ウムティティ ― 緊急

終盤、アラウホの再負傷により、クーマンはフランス人CBを交代出場させるしかなかった。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事