クーマンが暗いトンネルを抜けたデヨングに求めるリーダーシップ
スポンサーリンク

~デ・ヨングを‘クライフ化’するクーマン~

クーマンはデ・ヨングに

「君はクラック(スーパーな選手)であり、リーダーだ。どうでもいい選手ではない。」

とバルサに到着後に伝えた。

引用記事:ムンド・デポルティーボ紙👇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フレンキー・デ・ヨングロナルド・クーマンの影響を最も受けたアスルグラナ選手だ。主力のペドリや他の若いカンテラ選手らも実力があればトップチームでプレーできると実感している。クーマンがバルサ到着時、デ・ヨングは混乱状態だった。迷いによって不自由な状態だった。ピッチでも定位置を見つけれず、濁った内部のうぬぼれに引きずられた。バルベルデとも、キケ・セティエンともだ。多くのことを成し遂げた高位の内部はデ・ヨングのフットボールを弱めた。

彼はバルセロナ幸せだったし、海と素晴らしい天気に恵まれているこのパラダイスのような街での生活を楽しんでいた。ピッチ外では決して問題を抱えることは無かった。誰もがうらやむべきスピードでスペイン語を取得した。だがプレー面に関しては余分な仕事を抱えていた。

「シーズン通して2ゴールに終わるなんてあり得ない。」

クーマンはデ・ヨングに言い、彼の役割を変えることを要求した。

クーマンはハードだ。とてもハードだ。極限の要求をする。対話を受け入れるが要求が多い。そしてデ・ヨングには特に要求が高い。なぜなら彼がバルサのフットボールに与えられるものを知っており、彼のパーソナリティも知っていたからである。

フレンキーは穏やかな人間だ。良い人達、テア・シュテーゲンラングレの友達だ。住居は街の上の地域を選んだ。有名な音楽プロデューサー、リスト・メヒデが住む少しややこしい地域だ。コロナ禍の中、落ち着いたバルセロナに引っ越した。彼は街を愛している。だがクーマンバルサに来るまでサッカー選手としての素晴らしさを示していなかった。

ロナルドは重要な存在でなかった彼を非難した:

「リスクを犯してでもステップアップしていないのは価値がない。それは君に期待していることじゃない。」

そして会話とセラピー後、デ・ヨングの‘クライフ化’が始まり、変貌した。

クーマンは彼に注意を払っている「君はリーダーにならなければならない。」、「プレーに影響を与えろ!」と求め、「ゴールを見ろ!!!」と要求する。そして現在デ・ヨングはシーズン5ゴールを記録している。今年が始まり、制限を外されて、彼を縛っていた船からおり、4ゴールを決めてアヤックス時代のような輝きを見せ始めた。

幸いにもデ・ヨングクーマンと同じ言語で話すことが出来る。言語だけではなくフットボール専門用語に関してもそうだ。そしてロナルドは彼がバルサでもっと成長し、正真正銘のリーダーになれることを確信している。キャプテンとなり、現在と未来のための選手となれる。

バルサ時代ヨハン・クライフは実質ロナルド・クーマンのご近所さんだった。当初、大金を出し、移籍してきたロナルドのパワーもプレーも多くの人々は理解していなかった。そんな中、クライフロナルドを押した。なぜならシステム変更で臨む進化をするために重要なことだったからだ。

ある日、クライフはロナルドに合宿でカンテラ上がりの若手と同部屋になって成長をサポートすることを頼んだ:その選手がペップ・グアルディオラだ。彼らは3年間同じ部屋で共に過ごし、友情だけが生まれたわけではなく、多くを学ばせてくれたロナルドに対するグアルディオラのリスペクトも生まれた。

デ・ヨングもいつの日かこういった役割を担うだろう。なぜならペドリ、アラウホ、ミンゲサ。イライクスのフットボールの父はクーマンだけではない。あそしてこれからも多くの若者たちが表れてくる。その時はデ・ヨングというリーダーのサポートが必要になるだろう。

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事