バルサに悪夢再び、ボールを支配するも“試合”は支配できず
スポンサーリンク

80%を超えるポゼッション率で再び負けたバルサ


引用元:ムンド・デポルティーボ紙

Nueva derrota con más del 80% de posesión


グラナダ相手にボールを持つ権限を支配するも、効率性の高いアンダルシアのチームを前に敗戦

アウェイで行われたカディス戦でも高いポゼッション率を誇るも勝ち点を逃した

バルサ、カンプノウでグラナダに敗戦(1−2)し、リーガタイトル獲得へ向けて前進できず、試合を通してボールを支配するも、アンダルシアにチームが効率性の高さで上回った。

グラナダは2つしかなかった決定的なチャンスをマチスホルヘ・モリーナテア・シュテーゲンのゴールマウスの決めた。それにより、バルサはまたも80%以上のポゼッションをしながらも敗戦した。それは以前ラモン・デ・カランサで行われたカディス戦(2−1)に敗戦した時もこのようなことが起こった。

あの時のクーマンのチームのポゼッション率は82,1%、そして昨日のグラナダ戦でクレたちは81,9%ボール支配率を記録した。試合を支配するもバルサディエゴ・マルティネスの守備プランを崩すことが出来なかったことをこの数字が明らかにしている。

しかしながら、バルサには立ち直る機会がある、リーガタイトル争いを続けるために今週の日曜日の行われるバレンシアに勝利し、アトレティコレアル・マドリードがもししくじれば、再び自力でリーガタイトルを獲得できるチャンスが巡ってくる。

Força Barça

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事