ミスに対するスペイン人選手と日本人選手の違い
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。西田です。


今回は私がバルセロナ留学で感じたことについての記事になっています。
前回はバルセロナの7人制サッカーについての記事になっていますので是非そちらもご覧ください。

 

スペイン人選手のミスの捉え方

スペイン人に対して日本人は、楽観的で陽気であるといったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?
私はバルセロナ留学中に、このスペイン人の人柄は「試合中のミスに対する捉え方」にも関係しているのではないかと思わせるような場面を何度もシーズンの中で感じた時があったので、今回はその理由ついて考察していきたいと思います。

 

サッカーはミスがつきもののスポーツです。個人的な技術によるもの。判断ができていないことによるもの。メンタルによるもの。味方選手との連携によるものなど、1111の刻々と状況が変わるスポーツであるサッカーにおいて、そのミスの要因は実に様々です。もちろん私が関わっていた2つのチームの選手どちらでも、選手の技術レベルや年齢関係なく、何度も試合中にミスをしていました。

 

なので、ミスをするという点ではスペイン人選手も日本人選手と何も変わりませんが、スペイン人選手と日本人選手を比べたときに決定的に違うものがあると感じました。それこそが人柄が関係していると感じた「ミスに対する捉え方の違い」です。

そして、その違いが一番分かるのは「ミスをした後」です。

 

はっきり申しますと、彼らの場合、たとえ自分が試合中にミスをしたとしても全くそれを気にすることはありませんし、むしろミスなんかしてないかぐらいに平然としたままプレーを続けることができます。
私はバルセロナで初めて彼らのこのリアクションを見た時は正直かなり驚きました。彼らはミスの深刻さに関わらず、味方から文句を言われていても全く動揺している様子はありませんでした。しかし、これは「チームに対して責任感がない」とか、「自己中心的だ」という事ではありません。彼らも場合によってはちゃんとチームメイトに謝っていますし、真剣にプレーしている中でのミスなので起こり得るものです。
私がここで言いたいのは、彼らは自分のミスに対していちいち気にしたことで、プレーに影響が出てしまうなんてことは決して無く、それはすでに起きてしまった事象だとして、すぐさま切り替え今この状況で自分がチームのためにしなければならないプレーをしっかりと実行することができるという事です。

これはサッカーにおいて非常に重要なことだと思います。先ほども述べた通り、サッカーは一瞬で状況が変わるので、その度にまた適切な判断をし、適切なプレーをして、サッカーをし続けなければいけません。ミスしたからといって、誰もその時にプレーを止めて、やり直しをさせてくれるなんてことは絶対にありません。

その為、このようなマネジメントは大切なのですが、さらに驚くべきことは、このようなことを彼らは無意識かつ当たり前に出来てしまうということです。

 

 

私の選手時代のミスの捉え方

私自身、何年も選手としてサッカーをしていましたが、お世辞でも上手いとは言えないレベルの選手でした。そのため練習や試合でもミスをたくさんしていました。もちろんサッカーはミスが多いスポーツなのですが私は性格上、ミスをする度に落ち込み、味方の選手が迷惑に感じているのではないかなど色々考えてしまうタイプの選手でした。ひどい時は、その後のプレーで全く足にボールがつかなくなってしまい、ミスを連発してしまったなんてこともありました。

 

私のようにミスを捉えてしまう方は、日本人選手には比較的多いのではないでしょうか?

皆さんはサッカーに関係なく、何かミスをしてしまった時にどのような感情になりますか?また、そのミスが気になってしまい、動揺してしまうことはありますか?

 

 

違いを生む要因

では、スペイン人の人柄がこのようなマネジメントが関係している要因には何があるでしょうか?

私はその要因の一つに「自信の有無」あるのではないかと思っています。

 

もともと日本人は「自信」などの要素がとても重要になってくる「自己肯定感」が他の国に比べて低いと言われています。

つまり、自分に自信がなかったり、コミュニケーション能力が低かったり、協調性が無かったりなど、人によって度合いは様々ですが、私はこの「自己肯定感」は、高ければ高いほどサッカーにはポジティブな影響を及ぼすのではないかと感じています。なぜなら、現役時代その正反対なマネジメントでサッカーと向き合っていた私は、何度も試合中にミスを恐れ、安全なプレーばっかりを選択していた結果、自分のプレーでチームが勝った、チームを救ったなどの「チームに貢献した」という実感を得られないことが多かったからです。

その点に関してスペイン人は、こっちが驚いてしまうほど普段から自分に自信を持っていますし、自分が大好きで、自分が最優先です。さらに誰に対しても気軽にコミュニケーションが取れるし、チームのためにという協調性もあります。私はそんな彼らの人柄が大好きですし、自分には持っていなかったものなので、とても羨ましいと感じていました。

 

 

まとめ

このようにサッカーにおいては彼らのようなマネジメントと、自分自身に自信を持った方が明らかにメリットは多いと思います。何度も言いますがサッカーはミスがとても多いからです。。。そして、それを当たり前のようにできている彼らは、喜怒哀楽が激しいものの、何よりも一番大切な「サッカーを楽しむ」ことをピッチで体現できているように見えました。

 

現役こそ引退してしまいましたが、今後はそんな彼らに人柄を見習って、指導者という立場から選手に「ミスに対する捉え方」と「サッカーを楽しむ」ことを学んでもらえるような関わり方をしていきたいと思っています。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事