ラポルタ:「PSGはバルサに対して敬意を欠いた。」
スポンサーリンク

フランス、レキップ紙のインタビューで会長候補ラポルタがパリのクラブがメッシ獲得願望を公の場で打ち明けたことを嘆いた。

引用記事:ムンド・デポルティーボ紙👇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FCバルセロナ元会長であり、現会長候補であるジョアン・ラポルタが

フランス、レキップ紙のインタビューで以下のように答えた👇

PSGはバルサに対して敬意を欠いた。」と嘆いた。2003年から2010年までアスルグラナを率いた統治者は「しかるべき敬意を持って、PSGの振る舞いがとても気に入らなかったことを言う。彼らはバルサに対して敬意を欠いた。私はいつもPSGの進化を近くで見守ってきた。そして現在はヨーロッパの中でも信頼すべきチームだ。だが、私は驚かされ、失望させられた。とある選手がメッシとプレーしたいというのは聞ける。私だって彼とプレーしてみたい!だが、クラブの代表者がそういう発言をするのは、私は不適切だと思う。このレベルの業界での経験不足を示している。彼らにはまだフットボールの世界で学ぶべきことがまだ残っている。彼らのこの反応が本能から出たのか、伝達ミスなのか分からない。私はいつも他のクラブに対して敬意を持っている。もし我々がこういった論争ゲームを始めたら、フットボールの世界を傷つけることになると思う。フットボールは情熱だ。ライバル関係も存在する。だが、今ここで話に出ている選手(メッシ)は彼らの対戦相手としてプレーする選手だ。」

Força Barça丸ブルー丸レッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※記事写真引用元:ムンド・デポルティーボ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事