バルセロナで選手として続けていくか迷った話。

皆さん、こんにちは。

前回のブログで新シーズン僕が指導に関わるチームのお話をさせて頂きました。

そこでは触れてませんが、僕の来季の選手としてのチームです。昨シーズンのリーグ最終節の数週間前から今季に向けて数クラブとコンタクトを自分でとったり、知り合いの方に助けて頂きながらチーム探しをしていました。僕の中では昨季のチームで昇格し、今季は『カタルーニャ州1部へ参戦!』と意気込んでいましたが、結果チームは2部残留。なので個人昇格の道しかなく、3クラブへの練習参加をする事が決まりました。

1チーム目は、今季カタルーニャ州1部で3位のクラブで僕の所属するリーグより遥かにフィジカル強度やプレースピードが違いました。そこで監督に言われたのは「このチームのスタメンとしてプレーするには少し経験が足りない。だから1年間Bで試合に出ながら、トップチームで練習し経験を積もう。」という話でした。監督もすごく良い監督で育成年代も良いクラブなのでこのチームで選手・指導者の両方をするのは1つの選択肢として良いなと思いましたが、カタルーニャ州1部で試合も関わりたかったし、Bチームが昇格できず、僕が今所属しているリーグの1つ下のリーグに留まってしまったので、とりあえずこの話は保留になりました。

2チーム目も同じカタルーニャ州1部のクラブで今季は中位くらいでした。3日間ほど練習参加し監督には「プレーはすごく気に入っている。ビルドアップは上手いし、守備も良い。でも今まで練習で良いプレーをしていても、試合になった時に良くなかった選手を多く見てきている。80〜90%契約するつもりだけど、今季のプレシーズンに来て数試合見た後に契約したい。」と言われました。僕は選手だけではなく、指導者としてのチームも早く決めたかったので、今季のプレシーズンまで待ってしまうと、指導の方が決まらず、最悪どちらも決まらないリスクもある。そう思いせっかくのチャンスではありましたが、そのチームのプレシーズンに参加するのはやめる事にしました。

3チーム目はスペイン4部にトップチームを持つBチームで今季カタルーニャ州2部リーグに所属し、1部への昇格を決めたチームです。元々もうセンターバックはいるけど、もし良ければ契約すると言われ参加しました。シーズンももう終わっていた事もあり、ほぼゲーム中心のトレーニングで、ビルドアップには積極的に参加でき、ボールも多く集まり、感触は良かったですが、結果は「今いる選手達と新たにU-23の選手たちを補強しメンバー構成するというクラブの意向により契約には至りませんでした。」

この3チームの練習参加で感じた事は、センターバックとしての圧倒的な強さの大事さです。それは見た目から出るオーラのようなものもそうですが、相手FWを1発で仕留める強靭な強さが僕には足りないと感じました。ビルドアップではやれると感じたし、守備においてもそんなにやられてる感覚はあまりありませんでした。でも指導者陣からしたらなにか圧倒さが足りなかったり、物足りなさがあったのだろうと感じています。スペイン渡航前から2~3シーズンでカタルーニャ州1部・もしくはスペイン5部(TERCERA RFEF)に昇格出来なければ、指導者としての時間をもっと優先していくと決めていました。まだあと1シーズンプレーを続けるかどうかものすごく迷っていましたが、そのタイミングでCE MERCANTIL のフベニールAの監督の下で学ばせてもらえるチャンスをもらい、そこに行くことを決めました。昨季の所属チームを含め、有難いことに2部の数チームからオファーを頂きましたが、練習時間や練習場所への移動時間などの都合により通う事が困難だった為行くことが出来ませんでした。ですが、僕の指導現場と同じグランドで活動をしているクラブ(テルセーラカタラーナ)もあるみたいなので続けられるのであれば、続けたいと思っています。新シーズンは指導と学業がメインになります。それぞれしっかり目標を決めて、新シーズンも頑張りたいと思います。また指導者としての活動も8月16日からスタートし、学業面も9月に正式に新たな場所での学びが始まるのでその内容もシェアしていきます。

ではまた!

Twitterでフォローしよう